施工会社で選ぶ!
施工会社おすすめ3選の紹介

群馬県では広大な関東平野や赤城山などの山々、そして一級河川として有名な利根川など、あらゆるところに自然の魅力がつまっている恵まれた土地。そんな群馬県の魅力を最も知り尽くし、土地の風土に合った注文住宅を長年手がけてきたのが工務店やハウスメーカーです。そこで当サイトでは、群馬県で常に高い施工力や対応力、評判などを獲得している注文住宅メーカー3社を厳選しました。家族の理想をカタチにしてくれるメーカーに出会えるはずです!

  • 群馬の自然素材を使用して、家族全員が安らげる住まいを

    四季の住まい

    四季の住まいのHP画像

    引用元:四季の住まい公式HP
    (http://www.shikinosumai.net/)

    家づくりに使用される木材は、群馬県の認証を受けた無垢材が中心。壁や床を始めとするすべてに自然素材を使用しているため、小さなお子様やペットにも安全な住まいに仕上がります。さらに、自然エネルギーを積極的に取り入れることで、夏は涼しく冬は暖かい環境の実現が可能。四季の住まいの住宅なら、家にエアコン1台で快適だという声も多いようです。

    群馬県高崎市中豊岡町824-1

    公式サイトで詳しく見る

  • まるで海外のようなスタイルの住まいを手がけるメーカー

    楽屋

    楽屋のHP画像

    引用元:楽屋公式HP
    (http://www.gakuya.biz/)

    リゾートモダンやカフェ、和モダンなどのさまざまなスタイルの木造住宅を手がけています。施主からの家づくりに対する思いを聞いた後に、在籍しているプロフェッショナルたちが社内コンペを開始。じっくりと時間をかけて高品質な住まいづくりを行ってくれる工務店です。コスト面を削減する工夫も行ってくれます。

    群馬県前橋市南町3丁目56-8

    公式サイトで詳しく見る

  • 知名度が高い、安定したサービスのハウスメーカー

    一条工務店

    一条工務店のHP画像

    引用元:一条工務店
    (http://www.ichijo-gunma.com/)

    地震に強い注文住宅を実現したことで知られる一条工務店は、業界でも一二を争うほどの実績をもったハウスメーカーです。手がける家はすべて長期優良住宅で、次世代省エネ基準をクリアした省エネ性能も備えています。さらにモデルハウスで展示されている仕様が標準装備と、サービス力も大変充実しています。

    群馬県前橋市総社町植野841

    公式サイトで詳しく見る

いま注目されている自然素材の住宅とは

  • 自然素材住宅の
    メリット・デメリット

    日本は省エネ大国としても知られているほど、自然環境に力を入れている国です。そして近年では、あらゆるところで研究が進み、無垢材や漆喰、珪藻土などの自然素材を住宅に使用する住宅が高い評判を得ています。そこで、自然の持ち味を十分に活用した自然素材住宅のメリットやデメリットについて詳しく調べてみました。しっかりと自然素材の特徴を把握して、家族の理想を実現してみてください。

    詳しく見る

  • 生活環境が
    カラダに与える影響

    近年、これまで従来使用されてきた科学物資を使った住まいがさまざまな症状やアレルギーを引き起こすことが分かってきました。その代表的な症状が、住宅の素材などに染み込んだ接着剤などの化学物質によって引き起こされるシックハウス症候群です。頭痛や目の異常から、のどの痛みや湿疹などを発症するシックハウスの原因と対策法について掲載しています。

    詳しく見る

  • 一般的に使用されている自然素材とは

    話題の自然素材住宅を建てる際に使われる、代表的な建材についてくわしく解説しています。自然本来のぬくもりや質感などを実感できる、自然素材の特徴にかんする知識を仕入れることは、家づくりに大いに参考になるものです。ここでは、自然素材のなかでも特に代表的な無垢材や珪藻土から、キヌカやニカワといったものまでご紹介します。ぜひ、今後の住まいづくりの参考にしてみてください。

    詳しく見る

WORTH SEEING

エアコン不要なエアパス工法

夏や冬の季節に活躍するエアコンはとても便利なものですが、クールアイランドやヒートアイランドなど、環境に深刻な現象の一因になっているといわれています。そこで注目されているのがエアパス工法。簡単にいえば、家全体に自然な空気を循環させる通り道を作ることにより、自然エネルギーだけで四季に合った快適な生活を送ることができるシステムです。それだけでなく、結露などの家の寿命を縮める現象を解消することができる工法としても、高い評価を獲得しています。

詳しく見る

群馬県の注文住宅実例と
住宅周辺情報について

  • 前橋

    MAEBASHI

    群馬県の中心地として知られている前橋市は、日本全国でも屈指の健康医療設備が充実している街です。近隣には関東平野、赤城山などがあり、水道水には天然の地下水が含まれているなど、都市部でありながら大自然に囲まれた快適な住まいにぴったりの場所として知られています。商業施設などもそろっているので利便性も抜群です。

    詳しく見る

  • 高崎

    TAKASAKI

    新幹線の分岐点となる高崎市は、日本でも有数の交通拠点として知られています。また、群馬県でも最大の人口を擁する活気のあふれる街でもあります。近年では、大型の商業施設がたくさん建設されており、住宅の建設も盛んにおこなわれています。そんな都市部でありながらも軽井沢や前橋市とも隣接しているため、自然を実感できる場所としても人気の高い場所です。

    詳しく見る

  • 富岡

    TOMIOKA

    群馬県の南西部に位置する富岡市は、世界遺産にも登録されている富岡製糸工場がある歴史の深さを実感できるエリアとして有名です。そのほかにもさまざまな観光スポットがあり、妙義山などの大自然に囲まれた場所でもあるため、富岡市で生活したいという家族が後を絶たないといわれています。

    詳しく見る

  • 太田

    OTA

    群馬県のなかで3番目の人口密度を誇る太田市は、北関東一の工業地帯としても知られています。関東平野の北側にあり、一級河川である利根川や渡良瀬川などにも囲まれた自然と都市が調和した、快適な住まいを建てるピッタリのエリアです。近年では、群馬県最大のショッピングセンターが開店するなど、活気に満ちあふれた環境が形成されています。

    詳しく見る

  • 伊勢崎

    ISESAKI

    隣接する太田市とともに20万人以上の人口を擁する伊勢崎市は、群馬県の南部に位置する街で、特例市に移行したことでも有名です。山や海などが周囲にありませんが、その分、津波や土砂崩れなどの被害に巻き込まれる心配もなく、滅多に台風が通過することもないため、家づくりを行うには絶好のエリアでもあります。大型のショッピングモールもあるため利便性にも優れた場所です。

    詳しく見る

知っておきたい
注文住宅に関する基礎知識

  • 工務店・ハウスメーカー
    の違い

    家づくりを行ううえで欠かすことができないのが、パートナーである工務店やハウスメーカーの存在です。しかし、これから家づくりを行う施主のどれだけの人たちが、このふたつの違いをわかっているのでしょうか?そこでこちらのページでは、細かい特徴からそれぞれがもつメリットやデメリットなどの情報をくわしく解説していきたいと思います。

    詳しく見る

  • 注文住宅にかかる費用

    私たちが家づくりを行う際には、どれだけの費用が必要となるのでしょうか?こちらのページでは、群馬県で建てる場合の平均的な相場から、代表的な費用の内訳の情報を開設していきたいと思います。土地代金や解体工事費、設計料など、実際に家づくりにかかわる項目を把握することはコストダウンにもつながる重要なポイントです。

    詳しく見る

  • 家ができるまでの
    スケジュール

    マイホームを実現にしようとするときには、その家づくりの流れをしっかりと把握しておく必要があります。そうすることで、どこに時間をかけて、どの部分をスムーズに進行するべきなのか、ということが明確になるだけでなく、余計な費用を削減することにもつながります。完成までの工程をきちんと把握してスムーズな家づくりを実現しましょう。

    詳しく見る

注文住宅はお金がかかる?群馬で安くマイホームを手に入れる3つの方法

一般的にオーダーメイドの品は、大量生産の品よりも値段が高いです。そのため、注文住宅も同様に高コストなのではないかと考える人がいます。しかし、それは大きな間違いです。

実は、注文住宅ほどコストを抑えられる方法は他にありません。何しろ一から住宅を作るため、コスト削減をするチャンスがいくらでもあるのです。極限まで切り詰めれば、驚くほど安い値段でマイホームを手に入れることができます。

群馬あたりで安くマイホームを手に入れたいと考えているなら、以下のことを念頭に置いて注文住宅にチャレンジしてみましょう。

1.土地の・建物の形をシンプルにする

注文住宅は、どのような家にするのか、そのデザインから決めていく建築スタイルです。そのためデザインの段階から、コストダウンに繋がる工夫を取り入れることができます。

まず知っておきたいのは、シンプルなデザインにすると総工費は安くなるということです。デザイナーさんに支払う費用は建物価格の一割程度が相場ですが、シンプルなデザインにしておけば、建物価格自体が安く済ませられます。その結果デザイン費も安くなるので、お得になるというわけです。

実際に工事が始まってからも、シンプルなデザインの家ならスムーズに作業を進めていけます。例えば、「部分二階建て」よりかは「総二階建て」の方が作るのは楽です。工事期間が短くなって、大工さんたちに払う人件費も抑えられる例が多いです。

デザインをシンプルにしたからといって、デメリットが発生することはほとんどないです。むしろ、シンプルなデザインの方が耐震性がアップしますし、生活もしやすくなるのが普通です。逆にメリットの方が多いということで、コストダウン云々を抜いても単純化を進めるのが現在の流行りです。

2.部屋数を減らして間取りを簡潔にする

間取りを簡潔にすることも、コストを抑える代表的な方法の一つです。細かく部屋を区切っていくと、それだけ工事は複雑になります。単純に工期が伸びる可能性があるので、無駄な部屋は作らないのが得策です。

一つ部屋を作るとなると、壁用の建材を大量に用意しなければいけません。材料費までアップしてしまうので、思っている以上にコストは高くつきます。また、電気配線も複雑化しますし、照明やエアコンの数も増やさなければいけなくなります。

将来的に子供が生まれて部屋数が足りなくなってきたら、そのときに部屋はいくらでも増やすことができます。部屋数を増やすだけなら大規模な工事も必要ありませんから、何も最初から部屋を用意しておく必要はありません。必要になったときで十分なのです。

しかも最近は、広大なリビングのある家が人気です。開放的な空間が一つあると、家自体にも高級感が生まれます。掃除もしやすくなりますし、お客さんを呼んでパーティーをすることも可能になります。部屋数を減らしたとしても後悔をすることは少ないので、間取りのデザインを考えるときには思い出してみましょう。

3.水回りを1つにまとめる

キッチンやトイレ、お風呂などの水を使う場所は、一つにまとめておくのがベストです。水回りのスペースを一ヶ所にまとめることができれば、工事は楽に済ませられます。給排水管の長さが伸びず、材料費もいくらか安く抑えられます。

最近はオール電化にする例も多くなってきました。夜間の安い電気料金でお湯を沸かし、それをタンクに貯めておくスタイルが増えてきているわけです。そうしたタイプの住宅なら、水回りが一つにまとまっていることのメリットは最大化します。実際に住み始めてからも、無駄なエネルギー消費を防ぎやすくなります。

また、水回りが一ヶ所にまとまっていると動線が短くなるというメリットも生まれます。年老いてからも生活がしやすくなるため、注文住宅のデザインを考えるときには気をつけたいところです。

もちろん、将来的にお風呂場やトイレの位置を変更したければ、リフォームをすることで変更は可能です。ただ、わざわざお風呂場や洗面所、トイレを離して置く人は少ないです。

材料や仕上材は既製品を使えばコストカットに繋がる

注文住宅においては、材料にこだわることも可能です。例えば窓枠やドアノブなどをオーダーメイドして、完全にオリジナルなものを使ってもらうことも可能なのです。建材に関しても、体にいい特殊な無垢材等を指定することができます。

ただし、材料にこだわればこだわるほど総工費がアップするのは当然の話です。できるだけ安く注文住宅を作りたいなら、この部分には妥協をするのが一番でしょう。既製品を使ってもらえば、コストは最小限で済ませられます。

もちろん、既製品だからといって質が落ちることもありません。万人向けのデザインなので使い勝手はよくなりますし、何かあったときにも楽に交換ができるようになって便利です。

壁紙などの仕上材も、近年は種類が豊富になってきました。バリエーションが豊富なので、知り合いの家とデザインが被るということもほぼないはずです。数千種類という選択肢の中から好きなものを選べるため、既製品であっても個性は出せます。

収納スペースは後よりも先に設計しておくのがおすすめ

部屋の間取りは後からでも自由に変更可能です。壁の位置を変えていくだけで、間取りは好きにコントロールすることができるからです。ただし、収納スペースに関しては、後からでは増やせないというケースが多いです。

例えば、床下収納や屋根裏収納は、後から作ると大変です。家の根幹にまで手を入れなければ増設をすることができないからです。したがって、欲しいなら最初から作っておく必要があるでしょう。後から作るとなると大規模な工事が必要になり、コストも馬鹿になりません。

将来的にどういった生活になるのか分からないため、設計の段階では多すぎるぐらいの収納スペースを確保するのが理想です。

大きなウォークインクローゼットなどを作っておくと、部屋ごとに細かく収納スペースを確保する必要がなくなって便利です。押入れ付きの和室を作るというのも、収納スペースに困らない一つの方法になります。

庭があれば置物を置いてスペースを作ることも可能になりますが、そうでない場合は設計時からしっかりと考えることが大事です。

ここは節約NG!注文住宅でお金をかけておきたいのは「水回り」

人間の生活は、水とともにあると言っても過言ではありません。朝起きたらまず洗面所やトイレに向かいますし、食事時にはキッチンを使うこととなります。夜にはお風呂場で長時間過ごすこともあるでしょう。

人間と水とは切っても切れない関係にあるわけで、住宅機能の中でも特に水回りの機能は重視しなければいけません。水回りのクオリティが高い住宅は、それだけ住み心地のいい住宅になるからです。

主婦の方なら、キッチンには特にこだわりたいところです。お金をかけてオリジナルなシステムキッチンを構築するケースも目立ちます。また、お年寄りがいる家庭ならお風呂場の安全面にも気を使いたいです。滑りにくいタイルを選択したり、手すりやエアコンをつけたりと、コストをかけたい部分はいくつもあります。

いかに注文住宅が工夫をすれば低コストで済むといっても、水回りにだけは手を抜かないようにしたいものです。なぜなら、水回りのクオリティでその家のクオリティが決まるからです。総工費を抑えることは大事ですが、この部分でのコスト削減はおすすめができません。

立地条件や時期によって工事費が増減する可能性もある

土地次第で、同じような建物を作る場合であっても総工費は変動します。

代表的なのは、地盤が柔らかくて建物をしっかり支えることができない場合でしょう。日本には意外にも柔らかい地盤の土地が多く、そうした場所に注文住宅を立てたいなら、まずは地盤改良工事を行わなければいけません。

そのままだと建築基準法をクリアできない可能性も出て来るからです。将来的に家が傾いてしまってもいけませんし、最初に地盤を固める工事をするわけです。

地盤改良工事にはもちろん費用がかかります。それも注文住宅を作る費用の中には含めて考えるのが普通です。

さらに、傾斜がある土地に家を建てる際にも注意が必要です。平地と同じように工事を進めていくわけにはいかないからです。この場合もそれなりの対応を取る必要があり、コストアップに繋がります。

時期によっても工事費は増減します。工事が多い時期には値段が高くなるのが普通ですし、不動産市況など、社会全体の景気も大きく影響してきます。

TOPへ戻る