施工会社で選ぶ!
施工会社おすすめ3選の紹介

群馬県では広大な関東平野や赤城山などの山々、そして一級河川として有名な利根川など、あらゆるところに自然の魅力がつまっている恵まれた土地。そんな群馬県の魅力を最も知り尽くし、土地の風土に合った注文住宅を長年手がけてきたのが工務店やハウスメーカーです。そこで当サイトでは、群馬県で常に高い施工力や対応力、評判などを獲得している注文住宅メーカー3社を厳選しました。家族の理想をカタチにしてくれるメーカーに出会えるはずです!

  • 群馬の自然素材を使用して、家族全員が安らげる住まいを

    四季の住まい

    四季の住まいのHP画像

    引用元:四季の住まい公式HP
    (http://www.shikinosumai.net/)

    家づくりに使用される木材は、群馬県の認証を受けた無垢材が中心。壁や床を始めとするすべてに自然素材を使用しているため、小さなお子様やペットにも安全な住まいに仕上がります。さらに、自然エネルギーを積極的に取り入れることで、夏は涼しく冬は暖かい環境の実現が可能。四季の住まいの住宅なら、家にエアコン1台で快適だという声も多いようです。

    群馬県高崎市中豊岡町824-1

    公式サイトで詳しく見る

  • まるで海外のようなスタイルの住まいを手がけるメーカー

    楽屋

    楽屋のHP画像

    引用元:楽屋公式HP
    (http://www.gakuya.biz/)

    リゾートモダンやカフェ、和モダンなどのさまざまなスタイルの木造住宅を手がけています。施主からの家づくりに対する思いを聞いた後に、在籍しているプロフェッショナルたちが社内コンペを開始。じっくりと時間をかけて高品質な住まいづくりを行ってくれる工務店です。コスト面を削減する工夫も行ってくれます。

    群馬県前橋市南町3丁目56-8

    公式サイトで詳しく見る

  • 知名度が高い、安定したサービスのハウスメーカー

    一条工務店

    一条工務店のHP画像

    引用元:一条工務店
    (http://www.ichijo-gunma.com/)

    地震に強い注文住宅を実現したことで知られる一条工務店は、業界でも一二を争うほどの実績をもったハウスメーカーです。手がける家はすべて長期優良住宅で、次世代省エネ基準をクリアした省エネ性能も備えています。さらにモデルハウスで展示されている仕様が標準装備と、サービス力も大変充実しています。

    群馬県前橋市総社町植野841

    公式サイトで詳しく見る

いま注目されている自然素材の住宅とは

  • 自然素材住宅の
    メリット・デメリット

    日本は省エネ大国としても知られているほど、自然環境に力を入れている国です。そして近年では、あらゆるところで研究が進み、無垢材や漆喰、珪藻土などの自然素材を住宅に使用する住宅が高い評判を得ています。そこで、自然の持ち味を十分に活用した自然素材住宅のメリットやデメリットについて詳しく調べてみました。しっかりと自然素材の特徴を把握して、家族の理想を実現してみてください。

    詳しく見る

  • 生活環境が
    カラダに与える影響

    近年、これまで従来使用されてきた科学物資を使った住まいがさまざまな症状やアレルギーを引き起こすことが分かってきました。その代表的な症状が、住宅の素材などに染み込んだ接着剤などの化学物質によって引き起こされるシックハウス症候群です。頭痛や目の異常から、のどの痛みや湿疹などを発症するシックハウスの原因と対策法について掲載しています。

    詳しく見る

  • 一般的に使用されている自然素材とは

    話題の自然素材住宅を建てる際に使われる、代表的な建材についてくわしく解説しています。自然本来のぬくもりや質感などを実感できる、自然素材の特徴にかんする知識を仕入れることは、家づくりに大いに参考になるものです。ここでは、自然素材のなかでも特に代表的な無垢材や珪藻土から、キヌカやニカワといったものまでご紹介します。ぜひ、今後の住まいづくりの参考にしてみてください。

    詳しく見る

注文住宅の利用者の声

一から建設に携わらなければならない注文住宅は、費用がかかる上に建設期間も長く、建売住宅に比べればずっと手間のかかる住宅だといえます。

しかし、群馬をはじめ全国的に注文住宅の人気は高まりつつあります。注文住宅には、一体どのような魅力があるのでしょうか。口コミを参考にその魅力に迫ってみましょう。

今後一戸建て住宅を購入したいと考えている人は、注文住宅のメリットとデメリット双方をよく比較した上で、注文住宅を選ぶか否かを検討してください。

新築一戸建てでもいいかなって思ってましたが【男性54歳】

私は住宅の間取りや外観には特にこだわりもなく、とにかく戸建てを手に入れられればそれで十分だという思いが強かったので、はじめから建売住宅を購入しようと心に決めていました。

しかし、いざ住宅展示場に足を運び建売住宅を見学してみると、どの家も似たような造りですぐに違和感を覚えました。

住宅の中身も最低限生活に必要な設備しか整ってはおらず、このまま建売住宅を手に入れても、思い描いている快適な生活は手に入らないのではないかと心に疑問が浮かんだのです。

家族ともう一度よく話し合ってみると皆同じ思いであったらしく、思い切って注文住宅を建設することにしました。長年貯めてきた住宅資金はすっかり使い切ってしまいましたが、家族の理想が詰まった素晴らしい住宅が手に入って、大変満足しています。

家にはこだわりたかったのでオーダーしました【男性36歳】

昔から映画が大好きで、将来家を持つなら絶対にホームシアターを設置したいと考えていました。

結婚して子供が生まれたのを期にいよいよ戸建住宅を購入することになったので、思い切って一からオーダーできる注文住宅を選択しました。

注文住宅建設には費用がかかるので、節約志向の妻の説得には骨を折りましたが、キッチンや子供部屋も理想通りに設計できると説得すると最終的には了承してくれました。

設計に時間がかかったので完成までに時間がかかってしまいましたが、念願のホームシアターをはじめ、自分だけでなく家族の理想通りの住宅を建設できて良かったです。

注文住宅の建設にはあんなに反対していた妻も、完成した住宅を見ると満足した様子だったので胸を撫で下ろしました。

予算の調整ができると聞いて【男性41歳】

子供が大きくなってきたので戸建住宅を手に入れたいと思い立ったものの、なかなか住宅資金が貯まらずに頭を抱えていました。

格安の建売住宅を購入するという選択肢もありましたが、どうせ住宅を手に入れるのであればとことんこだわりたいという思いが強く、なんとか注文住宅を建設できないか試行錯誤していたのです。

手持ちの住宅資金は限られていたので不安でしたが、思い切って地元の工務店に相談したところ、資材や設備の選び方次第でコストを削減できると説明を受けました。

注文住宅といえば高額というイメージしかなかったので、目からウロコでした。その後、工務店の協力のお陰で、少ない資金でも、どうにか家族の希望に沿った素晴らしい住宅を建設することができました。

設計段階から少しでも費用を節約しようと努力してくれた工務店には、心から感謝しています。

そろそろ家を持ちたいと思っていた矢先【男性29歳】

30歳までに戸建住宅を手に入れるという目標を立てていたので、休日の度に妻と住宅メーカーを巡って、どのような住宅を購入したいか話し合っていました。

ある住宅メーカーの説明会に参加したところ、建売住宅の他にも一からオーダーメイドで住宅を建設できる方法があると知り、大変驚きました。

住宅をオーダーメイドできるなんて知らなかったので、詳しく話を聞いてみると、注文住宅であれば家族の要望を取り入れた理想の住宅が建設できるとのことでした。

自分の理想が全て実現できるなんて夢のようだと思い、妻と話し合って早速注文住宅を建設することにしました。

漠然と戸建住宅を購入することしか考えていませんでしたが、建売住宅を購入する前に注文住宅の存在をしることができて良かったです。

子供が生まれることを想定して子供部屋も用意したので、これからこの家での生活が楽しみです。

メンテナンス次第で孫の代まで長持ちする?

住宅は、温度の変化によってダメージを受けます。そのため、住宅を長持ちさせるためには、如何に断熱処理をしているかが重要となります

。断熱処理といえば、外との温度差を少なくすることで快適に暮らせるというイメージが強いものですが、実は人だけでなく住宅の寿命をも左右する大切な設備なのです。

注文住宅を建設するのであれば、断熱処理に重点を置きましょう。定期的に断熱設備をメンテナンスすれば、老後まで暮らせるだけでなく子や孫の代まで住み続けることができるでしょう。

素材別メンテナンス方法

どんなに頑丈な住宅でも、長年住み続ければメンテナンスが必要となります。特に自然素材を使用している注文住宅は、定期的なメンテナンスが必要だといえます。

素材によって期間や費用は異なるので、それぞれの特性を把握した上で正しいメンテナンス方法を把握しておきましょう。

現在所有している注文住宅を長持ちさせることも大切ですが、今後注文住宅を建設予定の人は、あらかじめメンテナンスしやすい素材を選んで建設するというのも一つの手です。

1.パイン

木の温かみが感じられるパイン材は、非常に人気の高い素材です。経年劣化によって色合いに深みが出て、新築時とはまた違った味わいを楽しめるという点が人気の秘密だといえるでしょう。

また、比較的安価に手に入るので、注文住宅を建設したいが費用は節約したいという人にはおすすめです。

パインは元々柔らかい素材なので、お子さんやお年寄りのお部屋に使用するといいでしょう。パイン材は湿気を吸収しやすいという特性があるので、扉や引き出しに使用した場合は、梅雨時などは閉まらなくなるといった問題が起こります。

2、3年に一度はワックスを掛けて、乾いた布で優しく拭き取りましょう。自身でメンテナンスすることもできますが、床など広い範囲のメンテナンスを行うのであれば、プロの業者に任せた方がいいでしょう。

2.メープル

木の素材の中でも白みが強く、柔らかい色合いをしたメープルは、木のぬくもりを感じたいという人に人気の素材です。

色が薄いので汚れが心配だという人もいますが、メープルには細かい木目がたくさん入っているので、多少の汚れや傷は気にならないでしょう。

また、元々弾力性と抵抗力に優れているので、衝撃を与えても傷つきにくいという特性があります。健在としては非常に優れていますが、メープルは湿気を含みやすく手入れが難しい素材だといえます。

水を含めば膨張してしまうので、すぐに拭き取りましょう。傷ができれば削り取る必要があるので、自力でメンテナンスできない場合には、専門の業者や住宅を建設してくれた工務店に相談してください。

3.珪藻土

塗り壁の素材として近年人気が高まっている珪藻土は、乾いた布で拭いたりホコリを叩き落としたりするなど、簡単に手入れすることができます。しかし、水洗いはできないので、メンテナンスを行う際には十分に注意しましょう。

珪藻土は簡単にホコリを落とすことができますが、時間が経つとこびりついて落ちにくくなるので、日頃からこまめな手入れが必要な素材だといえます。

木の素材とは異なり、珪藻土自体が膨張したり収縮したりするようなことはありませんが、地震などで建物自体が揺れれば衝撃を受けてヒビが入ることがあります。

ヒビ割れはメンテナンスで修繕することはできますが、素人には難しいので専門の業者に相談してください。また、珪藻土は種類によってはカビが生えやすいので、あらかじめカビに強いアルカリ性のものを選んでおくと安心です。

4.キヌカ

米ぬかが原料の自然塗料であるキヌカは、アレルギー体質の人やお子さんがいる家庭でも安心して使用できます。

しかし、油分が少なく乾燥しやすいという特性があるので、一般的な塗料よりもこまめにメンテナンスを行う必要があります。

また、基本的にどんな木の素材とも相性がいいというわけでなく、針葉樹の仕上げに向いているという特性もあるので、キヌカを使用したい場合には木材の選び方から気を使う必要があります。

特にくり材やチーク材とは相性が悪いので、十分に注意してください。キヌカのメンテナンス方法としては、同じ塗料を塗り重ねるだけと非常にシンプルですが、塗りすぎればきれいに仕上がらないので、不安だという人は建設をお願いした工務店や住宅メーカーにお願いしましょう。

WORTH SEEING

エアコン不要なエアパス工法

夏や冬の季節に活躍するエアコンはとても便利なものですが、クールアイランドやヒートアイランドなど、環境に深刻な現象の一因になっているといわれています。そこで注目されているのがエアパス工法。簡単にいえば、家全体に自然な空気を循環させる通り道を作ることにより、自然エネルギーだけで四季に合った快適な生活を送ることができるシステムです。それだけでなく、結露などの家の寿命を縮める現象を解消することができる工法としても、高い評価を獲得しています。

詳しく見る

群馬県の注文住宅実例と
住宅周辺情報について

  • 前橋

    MAEBASHI

    群馬県の中心地として知られている前橋市は、日本全国でも屈指の健康医療設備が充実している街です。近隣には関東平野、赤城山などがあり、水道水には天然の地下水が含まれているなど、都市部でありながら大自然に囲まれた快適な住まいにぴったりの場所として知られています。商業施設などもそろっているので利便性も抜群です。

    詳しく見る

  • 高崎

    TAKASAKI

    新幹線の分岐点となる高崎市は、日本でも有数の交通拠点として知られています。また、群馬県でも最大の人口を擁する活気のあふれる街でもあります。近年では、大型の商業施設がたくさん建設されており、住宅の建設も盛んにおこなわれています。そんな都市部でありながらも軽井沢や前橋市とも隣接しているため、自然を実感できる場所としても人気の高い場所です。

    詳しく見る

  • 富岡

    TOMIOKA

    群馬県の南西部に位置する富岡市は、世界遺産にも登録されている富岡製糸工場がある歴史の深さを実感できるエリアとして有名です。そのほかにもさまざまな観光スポットがあり、妙義山などの大自然に囲まれた場所でもあるため、富岡市で生活したいという家族が後を絶たないといわれています。

    詳しく見る

  • 太田

    OTA

    群馬県のなかで3番目の人口密度を誇る太田市は、北関東一の工業地帯としても知られています。関東平野の北側にあり、一級河川である利根川や渡良瀬川などにも囲まれた自然と都市が調和した、快適な住まいを建てるピッタリのエリアです。近年では、群馬県最大のショッピングセンターが開店するなど、活気に満ちあふれた環境が形成されています。

    詳しく見る

  • 伊勢崎

    ISESAKI

    隣接する太田市とともに20万人以上の人口を擁する伊勢崎市は、群馬県の南部に位置する街で、特例市に移行したことでも有名です。山や海などが周囲にありませんが、その分、津波や土砂崩れなどの被害に巻き込まれる心配もなく、滅多に台風が通過することもないため、家づくりを行うには絶好のエリアでもあります。大型のショッピングモールもあるため利便性にも優れた場所です。

    詳しく見る

知っておきたい
注文住宅に関する基礎知識

  • 工務店・ハウスメーカー
    の違い

    家づくりを行ううえで欠かすことができないのが、パートナーである工務店やハウスメーカーの存在です。しかし、これから家づくりを行う施主のどれだけの人たちが、このふたつの違いをわかっているのでしょうか?そこでこちらのページでは、細かい特徴からそれぞれがもつメリットやデメリットなどの情報をくわしく解説していきたいと思います。

    詳しく見る

  • 注文住宅にかかる費用

    私たちが家づくりを行う際には、どれだけの費用が必要となるのでしょうか?こちらのページでは、群馬県で建てる場合の平均的な相場から、代表的な費用の内訳の情報を開設していきたいと思います。土地代金や解体工事費、設計料など、実際に家づくりにかかわる項目を把握することはコストダウンにもつながる重要なポイントです。

    詳しく見る

  • 家ができるまでの
    スケジュール

    マイホームを実現にしようとするときには、その家づくりの流れをしっかりと把握しておく必要があります。そうすることで、どこに時間をかけて、どの部分をスムーズに進行するべきなのか、ということが明確になるだけでなく、余計な費用を削減することにもつながります。完成までの工程をきちんと把握してスムーズな家づくりを実現しましょう。

    詳しく見る

住宅会社を選ぶ際の5つのポイント!

注文住宅の建築を検討しはじめたら、まずは依頼する住宅会社を決めなくてはいけません。

住宅会社を選ぶときに重要視したいポイントがいくつかあります。1つが施工実績の多さや評判です。実績が多いと経験豊富でさまざまな要望にも対応できると考えるからです。

他にも会社の知名度、モデルハウスやカタログも重要なチェックポイントのひとつです。会社の実績を見ることで、理想の住宅イメージと照らし合わせられます。建築にかかる費用や担当者の対応も併せてチェックしておきましょう。

1施工実績の多さ・評判

注文住宅建築を考えたときに、住宅会社選びで迷うケースは少なくありません。住宅会社選びでチェックしたい点のひとつが実績です。

群馬県内で注文住宅を建築するなら、全国規模だけではなく、群馬県内での建築実績も調べておきましょう。建築実績を知ることにより、その住宅会社の経験値がわかるからです。注文住宅を建てる場合、こだわりたい間取りやポイントがそれぞれあるかと思います。場合によってはその実現が難しいこともでてくるでしょう。しかし実績のある住宅会社なら今までの経験を活かして理想に近い提案をしてくれる可能性が高いのです。

また群馬県内で実績の多い会社は、その地域の特性を生かした家作りを得意としていると判断できますので、快適な住まいづくりをサポートしてもらえると考えられます。

2.会社の知名度

注文住宅を建築してもらう住宅会社に対して、知名度を重視する方も多く見られます。それは知名度の高さが安心感につながるからです。

知名度が高い住宅会社というのは、全国規模で支店を展開している、会社の規模も大きいところが多いので、将来的に会社がなくなる可能性も低いと考えます。注文住宅を建てるときは、家を建てるときだけではなく建てた後のフォロー体制も考えなくてはいけません。たとえば住宅建築後に欠陥や不具合が見つかったときのバックアップ、定期点検などのサービスが充実していると建築後も安心して住宅会社と付き合うことができます。

住宅会社との付き合いも何十年と続きますが、会社が継続して存在していなければ、保証も十分受けられなくなるのです。

3.モデルハウス・カタログ

住宅会社を決めるときに、モデルハウスやカタログもチェックしてみましょう。モデルハウスやカタログには住宅会社のこだわりや強みがよく表れているからです。

注文住宅を建てるときに、それぞれが理想やこだわりを持っていると思いますが、それを実現させるためには住宅会社の経験や強みが大きく影響してきます。カタログや注文住宅をチェックして、理想の家作りをサポートしてくれそうかどうかを調べてみるのです。

今まで建設した住宅がカタログに掲載されていますので、自分の描いている理想と照らし合わせてみましょう。またモデルハウスを見に行くと、スタッフの方がついて家のポイントなどについて詳しく説明をしてくれます。質問や疑問があればその場で聞いておくといいでしょう。

4.建築にかかる費用の安さ

建築費用も住宅会社を決めるときに重要視する点のひとつになるでしょう。

群馬県内は都心部と比べると土地の価格は低くなりますが、家作りにお金をかけすぎてしまうと予算オーバーということになりかねません。無理をして家を購入しても後で支払がきつくなり、後に家を手放す可能性も出てきてしまいます。

建築費用によって、無理のない範囲で理想の注文住宅づくりをすすめられるかどうかが変わってきます。広告費や資材費、人件費などそれぞれの住宅会社によって、かかる費用が異なりますのでそれが住宅建築費用にも影響を与えるのです。

多くの方が予算を最初に決めて、その範囲内で建てられる注文住宅を依頼します。予算内で建築費用を抑えることができれば、理想の家作りも夢ではありません。

5.担当者の接客態度

担当者の接客態度も住宅会社を決めるときにチェックしておきたい点です。

住宅会社とは注文住宅建築後も何十年とお付き合いが続きます。住宅会社の多くが10年もしくはそれ以上の保証期間を設けてくれて、定期点検の実施や不具合などのトラブルにも対応してくれるのです。

担当者の対応が良ければ、安心して住宅建築やアフタフォローも任せられると思うでしょう。接客態度を見極めるには普段の対応だけでなく、こちらの質問や疑問に対しても誠意をもって答えてくれるかどうかをみることです。担当者の対応によって会社の対応がわかるようになるからです。

質問や疑問をうやむやにされたり、後になって答えるとはぐらかされたりしてしまうような担当者や住宅会社は信頼性に欠けると判断できます。

使われる工法や提案力にも注目しよう

群馬で住宅会社を選ぶときには、工法や提案力にも注目するようにしましょう。

注文住宅の建築を考えたら、ある程度自分で住宅建築に関する知識を磨くことも大切になってきます。知識を身に付けておくと、住宅会社担当者の説明もわかりやすくなりますし、住宅建築の話し合いや相談もスムーズにすすみやすくなるからです。

住宅を建築する工法は、それぞれの住宅会社によって異なりますので、工法についても住宅会社担当者からよく説明を聞いておきます。建築にかかる費用や期間、家の特徴が工法によって大きく変わってくるのです。

提案力については、担当者との話し合いでチェックすることができるでしょう。注文住宅を建築するときには、家に対するこだわりや希望の間取りを担当者に伝えます。しかし予算や土地の広さなどさまざまな理由で、希望の家作りが難しくなることがあります。提案力のある住宅会社は、他の方法や間取りを提案し、できるだけ理想に近い家作りができるようのサポートしてくれるのです。

実績豊富な会社は提案力も優れていると考えられますが、相談の時にチェックしてみると提案力の高さがよくわかるでしょう。

優良な住宅会社はアフターケアも万全!

優良な住宅会社は、アフターケアも充実しています。注文住宅を建ててからその後も住宅会社の点検やケアを受ける機会は多く出てきますので、アフターケアや保証の充実度をよく調べて住宅会社を選ぶようにしましょう。

アフターサービスの充実度を計るポイントのひとつが、定期点検です。住宅建築後に定期的に住宅会社の担当者が点検に来てくれるのですが、点検時に有効なアドバイスをしてくれることがあります。アドバイスを守ることで、家の寿命を延ばすこともできるようになるのです。

また定期点検によって、素人ではわかりにくい不具合に気が付くこともあります。緊急時のトラブル対応についても聞いておきましょう。水漏れや雨漏りといったトラブルにも、素早く対応してくれる住宅会社は安心です。長期保証や長期点検がついているかどうかも聞いておきましょう。

無料で点検が受けられる期間は限られていますが、有料となっても点検を受けておいたほうがいいからです。早めにトラブルや不具合に気が付くことで、修理費用の負担も抑えられるだけでなく長く快適に住まえるようになります。

最終的には複数の会社から見積もりを

住宅会社を決めるときには、複数の会社に見積もりをとってみることで、住宅会社同士の比較が行いやすくなります。

住宅会社のホームページやモデルハウスを見ていいなと思ってしまうと、その場で即決してしまうことがありますがそれは大変危険です。それはその住宅会社が自分たちの理想の住宅を建ててくれるのにベストな会社だとは限らないからです。

住宅会社同士を比較した方が、より自分に合った住宅会社を選びやすくなります。中には住宅会社を回って見積もりを取る十分な時間が取れない方もいます。住宅会社に一括で見積りを取れるサイトなどもありますので、利用してみるのも手段のひとつでしょう。

ただし一括見積サイトでは詳細な見積りまでは出せませんので、直接住宅会社の方に話しを聞いてもらうのが確実です。住宅会社を訪れるなどして、担当者に注文住宅の詳細を話すことで、より正確な見積りが出せるようになります。

見積もりを出してもらうと、費用がどれくらいかかるのか、担当者の接客態度なども併せて調べられます。

注文住宅はお金がかかる?群馬で安くマイホームを手に入れる3つの方法

一般的にオーダーメイドの品は、大量生産の品よりも値段が高いです。そのため、注文住宅も同様に高コストなのではないかと考える人がいます。しかし、それは大きな間違いです。

実は、注文住宅ほどコストを抑えられる方法は他にありません。何しろ一から住宅を作るため、コスト削減をするチャンスがいくらでもあるのです。極限まで切り詰めれば、驚くほど安い値段でマイホームを手に入れることができます。

群馬あたりで安くマイホームを手に入れたいと考えているなら、以下のことを念頭に置いて注文住宅にチャレンジしてみましょう。

1.土地の・建物の形をシンプルにする

注文住宅は、どのような家にするのか、そのデザインから決めていく建築スタイルです。そのためデザインの段階から、コストダウンに繋がる工夫を取り入れることができます。

まず知っておきたいのは、シンプルなデザインにすると総工費は安くなるということです。デザイナーさんに支払う費用は建物価格の一割程度が相場ですが、シンプルなデザインにしておけば、建物価格自体が安く済ませられます。その結果デザイン費も安くなるので、お得になるというわけです。

実際に工事が始まってからも、シンプルなデザインの家ならスムーズに作業を進めていけます。例えば、「部分二階建て」よりかは「総二階建て」の方が作るのは楽です。工事期間が短くなって、大工さんたちに払う人件費も抑えられる例が多いです。

デザインをシンプルにしたからといって、デメリットが発生することはほとんどないです。むしろ、シンプルなデザインの方が耐震性がアップしますし、生活もしやすくなるのが普通です。逆にメリットの方が多いということで、コストダウン云々を抜いても単純化を進めるのが現在の流行りです。

2.部屋数を減らして間取りを簡潔にする

間取りを簡潔にすることも、コストを抑える代表的な方法の一つです。細かく部屋を区切っていくと、それだけ工事は複雑になります。単純に工期が伸びる可能性があるので、無駄な部屋は作らないのが得策です。

一つ部屋を作るとなると、壁用の建材を大量に用意しなければいけません。材料費までアップしてしまうので、思っている以上にコストは高くつきます。また、電気配線も複雑化しますし、照明やエアコンの数も増やさなければいけなくなります。

将来的に子供が生まれて部屋数が足りなくなってきたら、そのときに部屋はいくらでも増やすことができます。部屋数を増やすだけなら大規模な工事も必要ありませんから、何も最初から部屋を用意しておく必要はありません。必要になったときで十分なのです。

しかも最近は、広大なリビングのある家が人気です。開放的な空間が一つあると、家自体にも高級感が生まれます。掃除もしやすくなりますし、お客さんを呼んでパーティーをすることも可能になります。部屋数を減らしたとしても後悔をすることは少ないので、間取りのデザインを考えるときには思い出してみましょう。

3.水回りを1つにまとめる

キッチンやトイレ、お風呂などの水を使う場所は、一つにまとめておくのがベストです。水回りのスペースを一ヶ所にまとめることができれば、工事は楽に済ませられます。給排水管の長さが伸びず、材料費もいくらか安く抑えられます。

最近はオール電化にする例も多くなってきました。夜間の安い電気料金でお湯を沸かし、それをタンクに貯めておくスタイルが増えてきているわけです。そうしたタイプの住宅なら、水回りが一つにまとまっていることのメリットは最大化します。実際に住み始めてからも、無駄なエネルギー消費を防ぎやすくなります。

また、水回りが一ヶ所にまとまっていると動線が短くなるというメリットも生まれます。年老いてからも生活がしやすくなるため、注文住宅のデザインを考えるときには気をつけたいところです。

もちろん、将来的にお風呂場やトイレの位置を変更したければ、リフォームをすることで変更は可能です。ただ、わざわざお風呂場や洗面所、トイレを離して置く人は少ないです。

材料や仕上材は既製品を使えばコストカットに繋がる

注文住宅においては、材料にこだわることも可能です。例えば窓枠やドアノブなどをオーダーメイドして、完全にオリジナルなものを使ってもらうことも可能なのです。建材に関しても、体にいい特殊な無垢材等を指定することができます。

ただし、材料にこだわればこだわるほど総工費がアップするのは当然の話です。できるだけ安く注文住宅を作りたいなら、この部分には妥協をするのが一番でしょう。既製品を使ってもらえば、コストは最小限で済ませられます。

もちろん、既製品だからといって質が落ちることもありません。万人向けのデザインなので使い勝手はよくなりますし、何かあったときにも楽に交換ができるようになって便利です。

壁紙などの仕上材も、近年は種類が豊富になってきました。バリエーションが豊富なので、知り合いの家とデザインが被るということもほぼないはずです。数千種類という選択肢の中から好きなものを選べるため、既製品であっても個性は出せます。

収納スペースは後よりも先に設計しておくのがおすすめ

部屋の間取りは後からでも自由に変更可能です。壁の位置を変えていくだけで、間取りは好きにコントロールすることができるからです。ただし、収納スペースに関しては、後からでは増やせないというケースが多いです。

例えば、床下収納や屋根裏収納は、後から作ると大変です。家の根幹にまで手を入れなければ増設をすることができないからです。したがって、欲しいなら最初から作っておく必要があるでしょう。後から作るとなると大規模な工事が必要になり、コストも馬鹿になりません。

将来的にどういった生活になるのか分からないため、設計の段階では多すぎるぐらいの収納スペースを確保するのが理想です。

大きなウォークインクローゼットなどを作っておくと、部屋ごとに細かく収納スペースを確保する必要がなくなって便利です。押入れ付きの和室を作るというのも、収納スペースに困らない一つの方法になります。

庭があれば置物を置いてスペースを作ることも可能になりますが、そうでない場合は設計時からしっかりと考えることが大事です。

ここは節約NG!注文住宅でお金をかけておきたいのは「水回り」

人間の生活は、水とともにあると言っても過言ではありません。朝起きたらまず洗面所やトイレに向かいますし、食事時にはキッチンを使うこととなります。夜にはお風呂場で長時間過ごすこともあるでしょう。

人間と水とは切っても切れない関係にあるわけで、住宅機能の中でも特に水回りの機能は重視しなければいけません。水回りのクオリティが高い住宅は、それだけ住み心地のいい住宅になるからです。

主婦の方なら、キッチンには特にこだわりたいところです。お金をかけてオリジナルなシステムキッチンを構築するケースも目立ちます。また、お年寄りがいる家庭ならお風呂場の安全面にも気を使いたいです。滑りにくいタイルを選択したり、手すりやエアコンをつけたりと、コストをかけたい部分はいくつもあります。

いかに注文住宅が工夫をすれば低コストで済むといっても、水回りにだけは手を抜かないようにしたいものです。なぜなら、水回りのクオリティでその家のクオリティが決まるからです。総工費を抑えることは大事ですが、この部分でのコスト削減はおすすめができません。

立地条件や時期によって工事費が増減する可能性もある

土地次第で、同じような建物を作る場合であっても総工費は変動します。

代表的なのは、地盤が柔らかくて建物をしっかり支えることができない場合でしょう。日本には意外にも柔らかい地盤の土地が多く、そうした場所に注文住宅を立てたいなら、まずは地盤改良工事を行わなければいけません。

そのままだと建築基準法をクリアできない可能性も出て来るからです。将来的に家が傾いてしまってもいけませんし、最初に地盤を固める工事をするわけです。

地盤改良工事にはもちろん費用がかかります。それも注文住宅を作る費用の中には含めて考えるのが普通です。

さらに、傾斜がある土地に家を建てる際にも注意が必要です。平地と同じように工事を進めていくわけにはいかないからです。この場合もそれなりの対応を取る必要があり、コストアップに繋がります。

時期によっても工事費は増減します。工事が多い時期には値段が高くなるのが普通ですし、不動産市況など、社会全体の景気も大きく影響してきます。

建売住宅と注文住宅の違い

夢の一戸建てを買うのに迷うのが建売住宅を買うか注文住宅を買うかです。文字通りすでに建っている家を購入するか自分のオーダーで家を建ててもらうのかが大きな違いですがそのほかにも押さえておくべき違いがいくつかあります。

まずは土地に関してです。注文住宅の土地は自分で探す必要があります。不動産屋や住宅メーカーの力を借りることはできても手続きをするのはあくまでも自分です。最適な土地が見つからずに家を建てること自体がどんどん延びて行ってしまうこともあります。

建売住宅は土地と家がセットの状態で販売されています。住宅メーカーが新しく団地を作り十数戸まとめて家を売るケースを見つけられると好立地のところに家を買うことができます。

初めは不便でも人の集まるところは施設が充実してきます。スーパーができたり、バスの増便や新規敷設も期待できたりします。

もう一つは家の品質です。建売住宅は複数の家をまとめて建てるので大量発注によって部材の単価を下げることができます。その分価格は下がりますが品質も高くないことが多いです。

現場監督も複数軒同時に見ているので1軒で見落とす確率も上がります。はずれを買ってしまうと大変なことにもなりかねません。その点注文住宅は自分の家1軒だけを建てるのに集中した大工さんがおり、その過程を自分で見に行くこともできます。業者側も今後の仕事に関わるので手は抜けません。結果的に高い品質のものが出来上がる傾向にあります。

注文住宅には2つのタイプがある

自分の要望を聞いて建ててもらう注文住宅も2種類のタイプがあります。フルオーダー住宅を選択した場合、建築基準法などの法令を遵守している限りはどんな家でも建てることができます。住みたい家のイメージがある程度明確に決まっている人にはおすすめです。

セミオーダー住宅はハウスメーカーの規格の中から選びます。パーツを組み合わせて家の詳細を決めていくイメージです。それほどこだわりがないときや自分だけでは決めきれない部分が多くある時は便利です。

1.フルオーダー住宅

長く快適に過ごしたい家のイメージが自分で決まっていても実はそれが本当の課題解決や要望実現にならないことは往々にしてあります。

単純に希望の家の形や間取りが決まっていてそれを建ててもらうだけなら場合によってはセミオーダーで足りることもあるでしょう。決定的に違うのはその家で、その間取りで何をしたいかまで掘り下げて考えてくれることです。

かなえたい要望からヒアリングをして課題解決に向かう手順をプロが一緒に歩んでくれるのがフルオーダー住宅です。家を建て始める前に何度も打ち合わせをして時間をかけてこれから建てるものをじっくりと考えます。

家を何件も建ててきた業者の方だからこそ気が付くことも多くあり、貴重なアドバイスをいくつもくれます。時にはお客様にNoを唱えて議論になることもありますが専門家の知見を活かしてしかるべき警告をしてくれています。怒ったり文句を言ったりする前に理由をきちんと聞いてみましょう。整然と説明をしてくれます。話し合ってしっかりと時間をかけた分だけ納得のいく家が建ち、愛着を持ってずっと住める家になります。

2.セミオーダー住宅

フルオーダー住宅はどうしても打ち合わせを重ねるため時間がかかります。どんな暮らしをしたいか考えるなどお客側も勉強して真摯に望まないと家は建てられません。もちろん手間がかかります。

そこまで明確な希望がないのであればセミオーダーがおすすめです。ハウスメーカーがある程度のバリエーションを用意してくれているのでその中から希望のものを選ぶだけになります。それぞれのバリエーションで住んだときのイメージが持てるので比較的気に入るかの判断もしやすいです。

どうしても気に入ったものがない場合はそこだけ独自に作ってもらうこともできます。その部分に関してはフルオーダー同様に打ち合わせが必要ですが家全体を対象としないため負担は格段に軽いです。

ただしセミオーダーの建て方が決まっているのでどんなものでも組み合わせられるわけではありません。建てられるものが制限される可能性もあるので注意しましょう。建て始めてからもフルオーダーに比べれば速く完成します。以前にどこかで建てたことのある部屋を組み合わせて再度建てるだけな上に、場合によってはある程度組みあがった状態で提供されるパーツもあるでしょう。

注文住宅の3つのメリット!

建売の家はどうしても家に生活を合わせて行く必要があります。夫婦二人のサラリーマン家庭ならそれでもいいかもしれませんが未来生まれる子供の成長を思えば希望が少しは出てくるでしょう。

もちろん気に入った建売住宅があればそれでも十分ですがやはり希望をかなえられる面では注文住宅に大きなメリットがあります。決めごとの量とスピード感でフルオーダーかセミオーダーを決めるくらいにすると自由度を確保したまま自分が負える分だけの負担に調整できます。

1.自身やご家族の理想を実現できる

通常家を建てるときは一生住むつもりで建てます。若い夫婦が買った家に子供が生まれ、自分が退職した後老後を過ごし、そのうち孫が走り回る家かも知れません。今後の人生をすべて一緒に過ごす家だけに未来にも思いをはせてみましょう。

選択肢が複数あって決めきれない場合は逆に柔軟に対応できる余地を作っておく必要があるかもしれません。10年ほど経つと大規模修繕が必要となり、そこでリフォームを検討するプランでも構いませんが少なくとも今抱いている理想や希望は整理して家に反映してみましょう。

子供をのびのび育てたい、二人で最期までゆっくり過ごせる家がいいなど抽象的な要望でも一旦は構いません。それを聞いた業者が打ち合わせを重ねながらそのイメージを具現化して提案してくれます。

一度提案してもらえれば自分の考えるものとの差分が分かるはずです。その差分を少しずつ縮めて行って建てるときには自分や家族の理想が最大限盛り込まれた家の図面が完成しています。

2.予算を調整することも可能

希望を叶えるには当然ながらお金もかかります。全部現金で支払えることはほとんどなく、大抵ローンを組んで返済することになるでしょう。返済計画上の数字や、銀行が貸してくれる金額の上限と相まって予算はおのずと決まってきます。

多少はともかく、希望をすべてかなえたら金額が予算の倍になりましたではシャレになりません。どこかを譲ったり我慢したりすることで予算内に収めていく検討も必要でしょう。

予算の話は早めに伝えておくと業者も意識して提案をしてくれます。予算内に収まるけれど100点ではない回答を用意してきてくれるからです。どこが足りないかの説明をきちんと受けてそれが問題ないポイントであれば家に対する満足度が下がることはありません。

また工法や使う材料、納期の融通などで金額が安くなることもあります。ない袖は振れません。予算内で最大限に希望を叶えるにはどうするかを一緒に考えてもらいつつうまく調整をしていきましょう。

3.好きな施工会社を選べる

施工業者を選ぶのは注文住宅でしかできないことです。大手のハウスメーカーに好みがあるのはもちろん、大手ではないにしろ、木造建築に造詣が深い場合や特定の工法に特化した中小業者もたくさんいます。

お金と納期に折り合いさえつけばどこの業者でも施工を依頼することができます。計画を立てる最初の段階から依頼するのが一般的ですが建築士に図面まで書いてもらってそれの施工を依頼するケースもあります。

施工業者独特のやり方があることが多いのでそんな計画を立てているのなら建築士に早めに申告しておきます。お互いプロなので先に伝えておけばうまく連携する手はずを整えてくれます。

費用が膨らんでもいいのなら東京で家を建てるのに群馬の業者に来てもらうことも可能です。ただし建てている期間中の大工さんの生活費や普段の担当エリアから外れるが故の手間賃は侮れない金額になります。特定の職人さんにピンポイントで来てもらい、通常の施工は身近な業者に任せるなど業者同士の協力で合わせ技ができるのもメリットです。

注文住宅は平屋と二階建てどっちがいい?

注文建築で我が家を建てる場合、とても気になるのが平屋と二階建てではどちらが良いのかという疑問でしょう。

幸せなマイホームを希望するわけですから、できる限り安くて広く、生活する上でこの上もなく便利な住環境を望むのは当たり前のことです。

しかし、どんなものにも良い点と悪い点があります。平屋建てと二階建てを考える時にも、当然ながら両者にメリットとデメリットは出てきます。

どちらが良いかは、住宅を希望する方の考え方、家族構成、支払い可能な資金、建築予定地域の条件、建ぺい率、容積率、住宅取得に関わる税金などの諸条件に大きく左右されます。

そのため、これらを個々の建築主が総合的に判断して、最も自分に有利であるものを選択することになります。ひと昔前は二階建てが好まれる傾向がありましたが、最近では平屋を望む人が徐々に増えてきました。

そこで平屋にスポットをあてて、そのメリットとデメリットを紹介してみますので参考にして下さい。

平屋にするメリット

二階建てと比較して、一般的に考えられる平屋建てのメリットを列挙してみますと以下のようになります。

・同じ坪数の場合、平屋のほうが階段・ホール・バルコニー・トイレ・水場がない分、建築費用の総額が安くなる ・平屋の方が家の中の風通しが良くなる ・二階がないので家の中の人や物の移動が楽にできる ・家族とのコミュニケーションがとりやすい ・省エネルギーが達成可能な生活スタイルがとりやすい ・建物の構造的な危険性を少なくできる ・二階建てのように足場を組まなくても良いなど、住宅のメンテナンスやリフォームがやりやすい

坪単価は一般的に、単純計算では平屋の方が若干高くなります。しかし、二階建ての場合の階段・バルコニー・ホール・トイレ・水場などの無駄なスペースが必要となります。

同じ仕様や部屋の数や大きさで比較すると、平屋の方が総面積を抑えることができるので、総額では安くなることも大いにあり得ます。単純計算では見落としてしまいがちな部分です。

・階段部分を有効活用できる

二階建て住宅の場合、一般的に二階への階段や二階ホールが必要で、その広さは4畳~5畳分に相当します。さらに二階にトイレや水場を作るともっと広いスペースが必要です。

また、配線や配管も二階建てだと複雑になります。しかし、平屋住宅ならば階段を作る必要がありませんから、その空いたスペースを活用して、物置・書斎・寝室・子供部屋などさまざまな有効利用が可能になります。

階段や二階がないことで開放的空間が広がり、天井を高くして収納スペースを確保するということもできます。

さらに、階段がないことで間取りの自由度もアップします。若い方は二階建てを好む傾向がありますが、年配の方は圧倒的に平屋を望みのもこうした理由にもよるからでしょう。

・維持メンテナンス費用がお得

住宅は新築を建築して購入したらこれですべてが終わりというわけにはいきません。建物を維持するための定期的なメンテナンスが求められます。

日常的にこまめに掃除をすることが大切ですが、シンプルな構造の平屋でしたら二階建てと比較して、片付けや清掃・掃除が比較的に容易となります。

また外壁の補修や修理をする場合、二階建てですと足場を組まなければならず、その費用は平屋よりも高くつきます。リフォームをするとなるともっと費用がかさむでしょう。

以上の点を見ても、平屋は将来的なメンテナンスやリフォーム費用を節約できますから、総合的に見れば平屋がやや有利となりますので、敷地に余裕があるなら平屋を考えてみるのが良いでしょう。

・平屋なら老後も安心

平均寿命が延びて高齢化社会の時代になりました。住宅も何度も建て替える余裕がある方は少ないと思いますから、老後のことを考えて住宅を建てておくのは必要な事でしょう。

若いうちは問題ないと思っていても、高齢になるとちょっとした段差で転倒したり、腰を痛めたりするなどケガの原因にもなります。

老人には住みがたい住宅になってしまうでしょう。近年、世界的にバリアフリーの建物の設計が叫ばれていますが、住宅も階段のない平屋をバリアフリー設計で作っておけば、貴方の「終の棲家」として安心感のある老後を暮らせることにつながります。

どうしても二階建てにこだわるなら、エレベーターを設置しておけば良いのですが、費用がとてもかさんでしまいます。

・二階建てに比べて地震に強い

嬉しくないことですが、日本は地震大国で火事が多いことで世界的に有名です。日本の気候風土として木造建築は適していますが、火事には弱い欠点があります。

一方、木造が地震には強いと言われていますが、二階建てとなるとどうしても強度的に平屋にはかないません。大地震で倒壊せずに残る建物に平屋が多い事でも分かります。

住居の耐震対策は必須ですが、その耐震性は建造物の重量に比例します。重量が重いほど地震時の揺れも大きいのです。平屋は一定面積当たりの重量が軽くなりますから、とても地震に強い住居として古い時代から存続しているのも自明の理です。

一般住宅と異なり、寺社仏閣などは継手構造で耐震性能を持たせている世界的に特殊な建築物なのです。

平屋にするデメリット

平屋のデメリットも当然あります。地域や土地などの条件によって様々な意見がありますが、一般的に注文住宅を建てた経験者の声に耳を傾けると、以下のようなものがあげられております。

・二階建てと比較して日当たりの良い部屋が十分確保できない ・広い屋根や基礎工事などで単純計算ではコストがかかる ・固定資産税は敷地面積に比例して税金がかかるので、平屋は固定資産税が高くなる傾向にある ・平屋の場合、周囲の高い建物から部屋の中が見えやすく、また家族間のプライバシーの確保を考えなければならず、特に子供からは嫌われる可能性が高い ・狭い土地だと十分な間取りがとれない

デメリットと言っても個々の住宅によって異なり、また工夫することでメリットに変えられるものもありますから、一概に損だと決めつけることはできません。

注文住宅を計画する中でメリットデメリットも参考にしながら、色々な条件をクリヤーできる建物を建築士と相談しながら決めましょう。

・広い敷地でないと部屋数を増やせない

住宅建設に関わる主要な法律に建築基準法と自治体が定める条例があります。すでに土地を取得している場合、その地域における建ぺい率と容積率(二階建てにする場合の制限値を計算する指標)が問題になります。

たとえば群馬をみても、同じ市でも地区地域によって建ぺい率が異なることがあります。もし建ぺい率が50%だとすると、60坪の土地では平屋の延床面積は30坪以下となり、部屋数を増やそうにも上限があって一定数以上は増やせません。

もちろん敷地が広ければ問題なく多数の部屋をつくれますが、敷地が狭いと部屋数に制限が生じますから、希望する部屋数を制限以上に確保しようとすると、これはもう二階建てにするしか方法がありませんので、計画の最初の段階で考えておかなければなりません。

・基礎工事の費用が高くなる

延床面積55坪の二階建て(一階の実質床面積は30坪)と同じ延床面積55坪の平屋(一階の実質床面積も同じく55坪)とを比較すると、当然一階の実質床面積が広い平屋の方が基礎工事費は圧倒的に高くなります。

同じことは屋根の工事費についても言えます。一般に平屋の方がコストが高いと言われる所以なのです。しかし、二階建てのような階段や二階ホールなどが必要なく、メンテナンスやリフォームの面では維持費が低くなるメリットもあります。

広い敷地がある場合は、多くの人が平屋を好まれる理由もそこにもあるのでしょう。単純計算で安いと思うことなく、生活のしやすさや長期的なコストも考えてから、平屋にするか二階建てにするかを決めましょう。

TOPへ戻る