桐生

桐生市エリアにある注文住宅の実例

まるで海辺の別荘のようなオシャレ感

画像引用元:ジャスティハウス公式(https://www.justyhouse.jp/staff/office01/365)

存在感のある外観に目を奪われる斬新なデザイン。中に入れば、一面マリンブルーの壁が爽やかに出迎えてくれます。西と南から明るい光が注ぎ込むと、海辺の別荘のように贅沢なリゾート気分に。キッチンやドアはシンプルにホワイトでまとめた、こだわりのお宅です。

この注文住宅を建てた業者は

ビューデザイン建築設計事務所(ジャスティハウス)

アクセス: 群馬県伊勢崎市連取町1979-3
ホームページ:https://www.justyhouse.jp/
口コミ情報
●「スタッフの方が親身に相談にのってくれて予算内ですみました。」
●「モデルルームを見に行きましたが、安く設定していてもキッチンやお風呂トイレなどはメーカー品でしっかりしており、ローコストでも良い家だなと感じました。」
●「デザイン設計事務所だけあってデザイン性は優れていても価格は良心的なところが良いですね。」


開放感あふれる家族のための平屋建て

画像引用元:草処建設公式(https://www.kusadokoro.co.jp/gallery/1240/)

光や風がたっぷり入る大きな窓。広く長いウッドデッキ。広い土地を存分に生かした平屋建てです。リビングは、無垢材を使い、木の温もりに癒される空間を演出しています。シンプルながら、桧の柱などのアクセントでセンス良く仕上げているのも素敵です。

この注文住宅を建てた業者は

草処建設

アクセス:群馬県桐生市新里町新川171
ホームページ:https://www.kusadokoro.co.jp
口コミ情報
●「私の家を担当してくれたスタッフはとにかく親切。希望をくみ取ってくれる気配りがありました。」
●「健康的な木造住宅に強い建設会社だから自分たちにぴったりの家が建てられたと思います。」
●「草処建設さんとは親の代からの付き合い。やはり地域で歴史のある業者は頼りになります。」

 桐生市の住みやすさ

 桐生市は、奈良時代から絹織物の産地として栄えてきた土地。歴史のある古くからの街並みと自然の豊かさのある市となっています。最近では、住みたい田舎ランキングに上位ランクするほど人気となっています。群馬県の隣接した他の街に商業施設などはあるため、静かな環境の中でも不便を感じにくい地域ということです。車がなくても、その地域にもよりますが、歩ける範囲でバス停や電車の駅などもあって使いやすいという住む人の声もあります。

教育・子育て環境の充実

10年以上定住を誓約したご夫婦には、妊娠出産祝いとして第1子5万円、第2子10万円、第3子以降15万円を支給する制度があります。小学校6年生まで児童がひとりになる時間をつくらないように、放課後児童クラブやファミリーサポート、子育て支援センターという複数の支援体制を配置。NPO法人では、アフタースクールで、書道や絵画を教えたり、街の魅力を探すワークショップを開催したり、楽しい子供向けの催しもあります。地域で子供を見守るという意識の高い親切な地域なので、子育てしやすく、子供たちものびのびと住みやすい環境であるのです。

ショッピング情報

桐生は、昔ながらの古い街並みに中に古くからあるお店が残っています。地域の商店や味のある定食屋などがあります。生活に必要な買い物はスーパーなど車で通いやすいです。遊びに行く規模の大型ショッピングモールは隣の伊勢崎市や太田市などに行く方が多いです。

桐生市の価格に関する情報

桐生市で注文住宅を考えるなら、地価や助成金のことなどお金に関する情報を把握しておきましょう。

平均地価について

市の地価の相場を知り、土地の適正価格を知っておくことは大切です。群馬県の土地購入の広さの平均「36坪」あたりの価格も調べました。あくまで現時点の平均的な価格であり、その土地の条件によって大きく違いがありますので、参考としてご覧いただき、詳しくは不動産業者担当者にご相談ください。

桐生市の坪単価 9万9804円/坪
引用元:土地代データ※2018年国土交通省および群馬県庁による基準地価(https://tochidai.info/)

桐生市で平均的な36坪の土地を買う場合、
目安として「360万円」の土地価格が相場です。

助成金・補助金

桐生市では、市外からの転入を促進し、人口減少に歯止めをかけるために住宅費用の一部を助成する「きりゅう暮らし応援事業」の助成金制度があります。対象は、桐生市に住宅を建築または購入し、その住宅に5年以上定住すること等の条件があります。基本補助金と加算補助金の合計によって決められ、住宅至徳金額の10%または200万円の低い金額を上限としています。細かく区分がありますので、区役所に確認することをおすすめします。