渋川

渋川市エリアにある注文住宅の実例

こだわりの無垢材&天然素材の心地よさ

画像引用元:土田工務店公式(http://tsuchida-navi.jp/publics/index/23/detail=1/b_id=34/r_id=32/#block34-32)

品よく仕上げ、高級感あふれる外観は、年代を問わず印象がよく、長く住んでいて飽きません。室内は、家族が健やかにあるために、とことん素材へのこだわりで選び抜きました。床や柱、屋根にいたるまで、無垢材、天然素材を使用し、上質な雰囲気を醸し出しています。木の香りを感じながら、長く住み続けてこそ味が出る、良い仕上がりの家となりました。

この注文住宅を建てた業者は

土田工務店

アクセス:群馬県渋川市渋川680-3
ホームページ:http://tsuchida-navi.jp/
口コミ情報
●「使っている木材が素晴らしいです。職人の技術力が評判で土田工務店さんにお願いしました。温かみのある家になってまわりからの評価も良いです。」
●「日本の伝統を受け継いでいる職人がいる。見えないところまでこだわる工務店だと思います」
●「遠方からの依頼であっても快く受け入れてくれました。無理な要望にも丁寧に対応してくださり、ありがたかったです。」

田舎暮らしを満喫できる木造平屋

画像引用元:津久井工務店公式
(http://www.tsukuikoumuten.jp/portfolio/detail/post_71.html)

太陽の光が降りそそぐお庭には、広々としたウッドデッキとハンモック。開放感のある大きな窓で、室内にいても明るく緑が見渡せる設計としました。天井や柱、床は、粗い木目に風合いを感じる木材を取り入れて、ナチュラル感を大切に。自然と共存する田舎暮らしの醍醐味を味わえる住宅です。

この注文住宅を建てた業者は

津久井工務店

アクセス:群馬県渋川市渋川1112番地1
ホームページ:http://www.tsukuikoumuten.jp/

口コミ情報
●「知名度はあまり聞かない工務店さんですが、実力は本物だと思います。大工さんの腕が良く、理想の家が建ちました。」
●「木材の質が良く、家を建てる技術力がある工務店だと感心しました。」
●「木造住宅で多くの実績があるだけあって、おまかせして良かったです。仕事への一途に取り組む姿勢が印象深かったです。」

渋川市の住みやすさ

日本列島、群馬県のほぼ中央付近に位置する地域です。自治体でも日本のおへそとしてPRしています。全国的にも有名な伊香保温泉があって、多くの旅行客が訪れます。ここに住むとなれば、効能の高い温泉と風情のある温泉街、山が近くにあるので豊かな自然も、より身近なものになります。渋川ならではの腹踊りやダンスをするへそ祭りなど他にも盛大な催しもあり、住民にとって恒例の楽しみとなっています。水沢うどんなどの名物もあり、食べ物がおいしい地域となっています。

教育・子育て環境の充実

子育てのための支援では、数々の子育てに関する事業を導入し、出産から教育にいたるまで比較的サポート体制がしっかりしている市です。認定こども園(幼稚園・保育園)の入りやすい仕組み、子供の預かり施設の充実など、渋川市全域をひとつの提供区域と考えて、地域の実情に柔軟に対応できるように取り組んでいるそうです。乳幼児・子供医療費助成は、所得制限なしで中学校まで対象となっています。

ショッピング情報

車で行ける駐車場を備えたスーパーなどのお店が人気で買い物エリアが集中しています。昔からある商店や喫茶店、定食屋さんもあり、地元ならではの親切な味わい深さがあります。衣食住の日常に使うものを購入するのには困りませんが、ショッピングがてら遊びに行くなら、近隣の前橋、高崎、伊勢崎といった市まで車で出向く必要があります。

渋川市の価格に関する情報

渋川市で注文住宅を考えるなら、地価や助成金のことなどお金に関する情報を把握しておきましょう。

平均地価について

市の地価の相場を知り、土地の適正価格を知っておくことは大切です。群馬県の土地購入の広さの平均「36坪」あたりの価格も調べました。あくまで現時点の平均的な価格であり、その土地の条件によって大きく違いがありますので、参考としてご覧いただき、詳しくは不動産業者担当者にご相談ください。

渋川市の土地単価  8万7594円/坪
引用元:土地代データ※2018年国土交通省および群馬県庁による基準地価(https://tochidai.info/)

渋川市で平均的な36坪の土地を買う場合、
目安として「320万円」の土地価格が相場です。

助成金・補助金

渋川市には、新しい住宅を購入して移住する方を対象にした「移住者住宅支援事業」があります。住宅を新築又は購入して市外から転入する方に対して補助をするという内容です。20万円を上限とし、いずれかが40歳未満の若者夫婦世帯や18歳未満の子供を扶養している子育て世帯の場合には、10万円の加算があります。