館林

館林市エリアにある注文住宅の実例

まるでカフェにいるようなリラックス空間


画像引用元:suumo建築実例(https://suumo.jp/chumon/tn_gumma/rn_samata/159438_0001/jitsurei/jc_0006/)

木の風合いと無機質なブラックだけでまとめた、大人シックな内装。大きな窓があるリビングからは、そのまま外に出られるウッドデッキもプラス。友人たちとを食事に招く機会の多いオーナーは、キッチンにもこだわりを追求。シンプルながら、品の良いデザインの良さが際立っています。

この注文住宅を建てた業者は

SAMATA

アクセス:群馬県館林市松原一丁目19-48(館林展示場)
ホームページ:https://samata-k.com/
口コミ情報
●「以前、ベストハウスオブザイヤーという賞を受賞されたみたい。雰囲気の良い家を建てる工務店だと思います。」
●「ハウスメーカーで建てるよりも安く、希望も良く聞いてくれるところが良いです。」
●「クオリティの高い設計で価格が魅力的だと思い、こちらにおまかせしました。」

憧れのお城のように白く輝く美しい外観

画像引用元:アイワハウス公式(http://www.aiwa-home.net/gallerydetail.php?ID=79)

白さが際立つ外観が印象的。室内も、白い壁で統一感を出し、プロバンス風に仕上げ、可愛らしくまとまっています。雰囲気を壊さないために収納力をたっぷりと。散らからない仕組みがしっかり計算されているのが設計力の高さ。開放感のあるリビングは家族の心地よいくつろぎの場になっています。

この注文住宅を建てた業者は

アイワホーム

アクセス:群馬県太田市西矢島町166-1
ホームページ:http://www.aiwa-home.net/index.html
口コミ情報
●「機能性とデザイン性が両立した提案をしてもらい、大変満足しています。」
●「色々なハウスメーカーを見学しましたが、私が建てたい家はここ!とモデルハウスを見て一目ぼれしました。」
●「デザインもお値段も私たちの希望に一番近かったです」

館林市の住みやすさ

群馬県の東南部に位置するのが館林。埼玉の熊谷と並んで夏のお天気ニュースで最高気温になる市としてよく耳にする地域です。また、うどんの里としても有名です。これは、利根川や渡良瀬川、池や沼が多く水資源に恵まれた土地だからこそ。気温が高いということは日照時間が長いということ。その日光と水に恵まれた土地で育った小麦から生まれるうどんは格別なのです。涼やかな川辺などの過ごしやすい自然もあり、ツツジやハナショウブなど四季折々の花咲く公園が多いのも特徴的。その他にもなまず天やかき氷など名物も多くある魅力的な地域なのです。

教育・子育て環境の充実

館林市では、子供は次代を担う存在と考え、妊娠から子育ての期間、多くの支援や情報提供を行うことに力を入れています。私立幼稚園では、上の子供が18歳未満の場合、第三子以降は保育料が無料に。中学校卒業まで医療費無料があるなど子供のための助成制度が充実しています。

ショッピング情報

館林駅周辺は、昔からあるお店が多く、スーパーやコンビニエンスストア、家電量販店などはあり、日用品の買い物には便利で困らない地域です。大きく新しい商業施設はないため、やはり近くにないものを買いに行きたい場合、近隣の前橋や伊勢崎などに車や電車で行くことも必要です。ですが、その分、自然や公園などがたくさんあり、治安も良く住みやすい街と言えるでしょう。

館林市の価格に関する情報

館林市で注文住宅を考えるなら、地価や助成金のことなどお金に関する情報を把握しておきましょう。

平均地価について

市の地価の相場を知り、土地の適正価格を知っておくことは大切です。群馬県の土地購入の広さの平均「36坪」あたりの価格も調べました。あくまで現時点の平均的な価格であり、その土地の条件によって大きく違いがありますので、参考としてご覧いただき、詳しくは不動産業者担当者にご相談ください。

館林市の坪単価 11万5996円/坪
引用元:土地代データ※2018年国土交通省および群馬県庁による基準地価(https://tochidai.info/)

市で平均的な36坪の土地を買う場合、
目安として「420万円」の土地価格が相場です。

助成金・補助金

館山市の住宅に関する補助金では、リフォーム資金を一部助成する補助金制度、空き家や廃屋に関する助成制度、中古住宅の購入助成金制度のみとなっております。注文住宅の新築建設に関する補助金制度は現在のところ該当はありません。
館林市の移住を促進するために、移住推奨金があります。例えば館林から東京勤務する場合、通勤に特急又はグリーン車を利用した実費のうち、1か月当たり1万円を上限として1/2を支給するというものです。