HOME » 知っておきたい注文住宅に関する基礎知識 » 注文住宅にかかる費用

注文住宅にかかる費用

群馬県で注文住宅づくりを行った場合には、どれほどの費用が必要となるのでしょうか?こちらのページでは、国土交通省が発表した資料などから、代表的な建築方法である「木造」「鉄骨」「RC」のそれぞれの相場を調べてみました。

群馬県の注文住宅相場
木造(37,3坪) 1,783~2,850万円
鉄骨(39.7坪) 2,350~3,566万円
RC(66.6坪) 4,797~6,670万円

ちなみに、これらの費用は本体価格ではなく、実際に家を建てたときに算出された工事費の総額です。

費用相場の内訳

それでは、こうした注文住宅の費用は、どのような内訳になっているのでしょうか? 代表的な費用の一部の詳細を確認しておきましょう。

土地代金

家を建てる場所となる土地にかかる費用です。一般的に家を建築するときの総額は、この土地代金と建築費用のふたつに分類されます。元来日本人は、建物にかかる費用よりも土地代金を重視しがちです。ですが、実際に生活を営むのはもちろん建物の中になるので、偏りのある費用バランスをとってしまうと、後々に後悔してしまうことが多いようです。

解体工事費

新築の場合にはあまり影響はありませんが、建替えや建物付きの土地を購入した際には、きちんと必要経費に加えておくことが重要です。一般的に解体工事費そのものの相場は坪単価(2,5~4万円)だといわれています。さらに木造、鉄骨、RCでは費用もちがってきますので、業者に相談しておくといいでしょう。

設計料

設計図面にかかわる費用は設計料とよばれており、図面通りに工事が実施されているかを管理する費用は、別料金となり、設計管理料といわれています。こうした設計料は、工務店では工事費の2~5%前後になっているのが一般的です。それに対してハウスメーカーでは、規格住宅であることがほとんどで、特別に設計料として計上されることはめったにありません。

工事費

家の建築に直接的にかかる費用です。おもに、材料費や加工費、部品の取り付けや職人さんたちに支払う手間賃。建材の運搬費用や土地の地盤強度をチェックするための地盤調査といった、総額の大半がこの工事費に含まれています。もちろん、建築する注文住宅のグレードが高ければ高いほど、工事費の割合が大きくなります。

諸費用

家づくりにおいては、工事費や設計料などの建築にかかる費用とは別に、税金や仲介手数料などの諸雑費が必要になります。じつは全体を通じても諸費用にかかわる割合は大きくなることがあり、資金計画を立てるときには、あらかじめ諸費用もきちんと計上しておく必要があるでしょう。諸費用の詳細な内訳は以下のとおりになります。

  • 仲介手数料
  • 住宅ローンなどの関係費用
  • 登記手続費
  • 引っ越し費用
  • 仮住まい費用
  • 家具や調度品などにかかる費用
TOPへ戻る