HOME » いま注目されている自然素材の住宅とは » 自然素材住宅のメリット・デメリット

自然素材住宅のメリット・デメリット

自然素材で住宅を建てる上で知っておきたいこと

近年話題になっている自然素材住宅とは、その名のとおり自然にある素材(木・土・石・紙など)を建材として使用している住宅のこと。昔ながらの高い技術力を用いながら、その土地の風土に合わせたデザイン性も加味された住宅に仕上がるため、高い人気を博しています。

自然の持ち味を生かした、快適性に優れた生活を手に入れられるのが自然素材住宅の大きなメリットですが、自然素材という生き物も同然の素材を用いているので、デメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

自然素材のメリット

化学物質に触れない生活を送ることができる

無垢材や漆喰などの素材を問わず、自然素材住宅の建材には人体に対して有害な化学物質が含まれていません。そのため、シックハウス症候群やそのほかのアレルギーの危険を回避できる快適な生活を送ることができます。

自然素材がもつ味わいを楽しむことができる

よく森林浴には、心を穏やかにする癒しの効果があるといわれています。それは、木に含まれるフィトンチッドとよばれる香り成分が原因とされており、脈拍を落ち着かせたり、身体や精神にかかわるストレスを軽減させたり、といった、人間をリラックスさせる効果があります。自然素材住宅では、こうした木からもたらされる恩恵を十二分に受けることが可能です。

耐久性や断熱性、保湿性に優れている

例えば、自然素材のひとつである珪藻土を顕微鏡で観察すると、その表面に無数の孔を確認することができます。珪藻土はこの孔があることで、とても高い吸放湿性能を有しており、湿度が多いと水分を吸収し、反対に乾燥していると水分を放出するのです。このため、結露やカビなどの発生を抑えてくれる働きをしてくれます。同様に無垢材も高い断熱性があるといわれており、自然素材住宅はこうした自然が本来持っている機能や性能を最大限に利用しているのです。

自然素材住宅のデメリット

優れたメリットをいくつも有している自然素材ですが、当然いくつかのデメリットがあるのも事実です。代表的なデメリットとしては、素材が乾燥すると、その過程で反り返りや割れ、ねじれが生じてしまうことがあります。しかし、例えば無垢材であればあらかじめ乾燥処理を施すことにより、このようなデメリットを事前に回避させることが可能です。

また、当然自然に育成させた素材を使用するので、ひとつひとつの建材には色にばらつきが発生します。経年により変色が生じることもありますが、味わいとして楽しめるのであれば、大したデメリットにはならないでしょう。

そして、もうひとつ大きなデメリットとしては、価格が高いということ。標準化された工業建材とはちがい、ひとつひとつのばらつきのある素材を住宅として使用するには、手間や時間がかかります。

自然素材住宅と従来の住宅とのちがい

ここまで自然素材住宅がもっているメリットとデメリットをご紹介してきましたが、それでは、近年の一般的な素材で建てられた住宅とどれくらいの違いがあるのでしょうか?健康・環境・安全とで比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

自然素材住宅

  • 健康
    化学物質を不使用。赤ん坊からお年寄りまで、健康に安全で快適に暮らせる。
  • 環境
    国産の木材などを使用するため、輸送などの必要がない。林業の活性化にも大きく、自然環境の保全にも貢献できる。
  • 安全
    無垢材などの耐震性はコンクリートと比較してもひけをとらないほどの耐震強度を有しており、年を経ることでさらにその強度が高まるといわれている。

従来の住宅

  • 健康
    化学物質を使用。シックハウス症候群や化学物質過敏症、アトピーなどのアレルギーなどの健康にかかわる悪影響を受けやすい。 
  • 環境
    海外から建材を輸入することが多いため、建材が輸送中にエネルギーを大量に放出してしまう。その影響で二酸化炭素が発生するといわれている。また、建材を作るために、石油やガスなどの化石エネルギーを利用するため、環境に過負荷がかかる。
  • 安全
    建築基準法が改正される1982年前の住まいにかんしては、耐震性に大きく不安が残る。

必見!エアコン不要なエアパス工法って何?
エコで安全な生活を送ることができる今注目の工法

TOPへ戻る