HOME » いま注目されている自然素材の住宅とは » 自然素材住宅のメリット・デメリット

自然素材住宅のメリット・デメリット

自然素材で住宅を建てる上で知っておきたいこと

近年話題になっている自然素材住宅とは、その名のとおり自然にある素材(木・土・石・紙など)を建材として使用している住宅のこと。

昔ながらの高い技術力を用いながら、その土地の風土に合わせたデザイン性も加味された住宅に仕上がるため、高い人気を博しています。

自然の持ち味を生かした、快適性に優れた生活を手に入れられるのが自然素材住宅の大きなメリットですが、自然素材という生き物も同然の素材を用いているので、デメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

自然素材のメリット

自然素材

化学物質に触れない生活を送ることができる

無垢材や漆喰などの素材を問わず、自然素材住宅の建材には人体に対して有害な化学物質が含まれていません

そのため、シックハウス症候群やそのほかのアレルギーの危険を回避できる快適な生活を送ることができます。

自然素材がもつ味わいを楽しむことができる

よく森林浴には、心を穏やかにする癒しの効果があるといわれています。

それは、木に含まれるフィトンチッドとよばれる香り成分が原因とされており、脈拍を落ち着かせたり、身体や精神にかかわるストレスを軽減させたり、といった、人間をリラックスさせる効果があります。

自然素材住宅では、こうした木からもたらされる恩恵を十二分に受けることが可能です。

耐久性や断熱性、保湿性に優れている

例えば、自然素材のひとつである珪藻土を顕微鏡で観察すると、その表面に無数の孔を確認することができます。珪藻土はこの孔があることで、とても高い吸放湿性能を有しており、湿度が多いと水分を吸収し、反対に乾燥していると水分を放出するのです。

このため、結露やカビなどの発生を抑えてくれる働きをしてくれます。

同様に無垢材も高い断熱性があるといわれており、自然素材住宅はこうした自然が本来持っている機能や性能を最大限に利用しているのです。

廃棄してもリサイクルできるか、自然に還すことができる

工業製品と違って、自然素材は廃棄したときに自然のサイクルの中に還すことができます。

そもそも資源としての価値が高いので、仮に家屋を壊して建材をバラした後でも材木自体はまだ使えることが多いのです。

自然素材の建材は古くなっても一定の利用価値があり、古民家再生などに利用されることがあります。

自然素材住宅のデメリット

優れたメリットをいくつも有している自然素材ですが、当然いくつかのデメリットがあるのも事実です。

代表的なデメリットとしては、素材が乾燥すると、その過程で反り返りや割れ、ねじれが生じてしまうことがあります。

しかし、例えば無垢材であればあらかじめ乾燥処理を施すことにより、このようなデメリットを事前に回避させることが可能です。

また、当然自然に育成させた素材を使用するので、ひとつひとつの建材には色にばらつきが発生します。

経年により変色が生じることもありますが、味わいとして楽しめるのであれば、大したデメリットにはならないでしょう。

そして、もうひとつ大きなデメリットとしては、価格が高いということ。標準化された工業建材とはちがい、ひとつひとつのばらつきのある素材を住宅として使用するには、手間や時間がかかります。

さらに言えば、建ててから長期間経過した場合、自然素材の住宅は虫などの害を受けることがあります。

工業製品であれば建材に防虫剤などを仕込んで虫の害を減らすことができますが、自然素材はどんなに虫に強い素材でも限界があるのです。

シロアリなどがつく可能性は完全には排除できず、万一被害を受けた場合は家がボロボロになってしまいます。

これらに加えて、自然素材にはカビや腐食のリスクがあります。工業製品には防カビ剤や防腐剤を使うことができますが、自然素材はどんなに調湿に優れたものであっても長期間湿った環境で使われればカビや腐敗の可能性が出てきてしまいます。

自然の森にある木は最終的には朽ちて腐って大地に還ります。それと同じようなことが住宅でも発生するのです。

事実、空き家などでは長期間放置された家屋の材木が腐ってしまう例が跡を絶ちません。

日本は湿度が高いうえに結露が起きやすい地域もあります。除湿対策や結露対策は自然素材の注文住宅を建てる上で非常に重要なポイントの1つなのです。

自然素材住宅と従来の住宅とのちがい

ここまで自然素材住宅がもっているメリットとデメリットをご紹介してきましたが、それでは、近年の一般的な素材で建てられた住宅とどれくらいの違いがあるのでしょうか?

健康・環境・安全とで比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

自然素材住宅

  • 健康
    化学物質を不使用。赤ん坊からお年寄りまで、健康に安全で快適に暮らせる。
  • 環境
    国産の木材などを使用するため、輸送などの必要がない。林業の活性化にも大きく、自然環境の保全にも貢献できる。
  • 安全
    無垢材などの耐震性はコンクリートと比較してもひけをとらないほどの耐震強度を有しており、年を経ることでさらにその強度が高まるといわれている。

従来の住宅

  • 健康
    化学物質を使用。シックハウス症候群や化学物質過敏症、アトピーなどのアレルギーなどの健康にかかわる悪影響を受けやすい。 
  • 環境
    海外から建材を輸入することが多いため、建材が輸送中にエネルギーを大量に放出してしまう。その影響で二酸化炭素が発生するといわれている。また、建材を作るために、石油やガスなどの化石エネルギーを利用するため、環境に過負荷がかかる。
  • 安全
    建築基準法が改正される1982年前の住まいにかんしては、耐震性に大きく不安が残る。

必見!エアコン不要なエアパス工法って何?
エコで安全な生活を送ることができる今注目の工法

自然素材を使えば補助金が出ることも

木材

群馬県では「ぐんまの木で家づくり支援事業」を行っています。

これは、「ふるさとの山の木を使おう」というコンセプトで群馬県産の木材利用を推進するための施策です。

この事業を行うことで、群馬県の林業や木材産業を発展させるという目的があります。

群馬県産の木材「ぐんま優良木材」で住宅を新築したりリフォームを行ったりすると、費用の一部を補助してもらえます。自然素材を使いながら補助金がもらえるので、かなりお得な制度と言えるでしょう。

補助金の種類には「構造材補助」と「内装材補助」があります。順に見ていきましょう。

構造材補助

ぐんま優良木材を構造材として60%以上かつ7.5立方m以上使用した新築住宅の建設または購入をした場合に、補助金を交付してもらえます。

群馬県内に建築された木造一戸建て住宅が補助金の対象です。また、柱材はすべて仕上がり寸法で短辺が10.5cm以上である必要があります。

店舗付き住宅などの場合は住宅部分にのみが補助金の対象となります。

なお、住宅部分の床面積は店舗など住宅以外の部分よりも多くなければ補助金が交付されません。

ビルトインガレージなど建物内の車庫部分にも補助金が出ないことになっています。

さらに、施工業者が群馬県内に事業所のある業者であることも条件となっています。

以上の条件を満たした上で、年度末までに上棟し、ぐんま優良木材品質認証センターが行う「ぐんま優良木材使用住宅」の証明検査に合格すれば晴れて交付金を支給してもらえます。

補助金の額は構造材におけるぐんま優良木材使用材積によって以下のように変動します。

  • 7.5~10立方m未満…150,000円
  • 10~15立方m未満……250,000円
  • 15~20立方m未満……350,000円
  • 20~25立方m未満……450,000円
  • 25~30立方m未満……550,000円
  • 30立方m以上…………650,000円

募集戸数は850戸で、先着順となっています。

内装材補助

群馬県内に自分が居住するための住宅を新築するか新築住宅を購入する、または群馬県内にある自分が住む住宅を改装した場合に補助金を交付してもらえる制度です。

補助金の交付には内装や建具にぐんま優良木材を10平方m以上使用する必要があります。なお、部材の厚さは12mm以上(建具は除く)でなければなりません。

また、補助金をもらうには年度末までに施工を完了して、ぐんま優良木材品質認証センターが行う「ぐんま優良木材使用住宅」の検査に合格する必要があります。

これらに加えて、構造材補助と同じように県内に事業所を有している施工業者による施工が条件になっています。

補助金の額は以下のようになっています。ただし補助金の上限額は20万円と定められています。

 内装材…3,000円/平方m

 建具(引戸等)…3,000円/平方m

 建具(開き戸)…11,000円/平方m

内装材補助はリフォームの場合にも使えるので、構造材補助よりも申請しやすい制度になっています。

募集戸数は70戸で、こちらも先着順となっています。

構造材補助と内装材は併用できませんのでご注意ください。

必ず確認を!

補助の内容や交付の要件は予告なく変更される場合があるので、必ず「ぐんまの木で家づくり支援事業」のホームページなどで最新の情報を確認してください。

TOPへ戻る