HOME » いま注目されている自然素材の住宅とは » 必見!エアコン不要なエアパス工法

必見!エアコン不要なエアパス工法

エアパス工法ってなに?

近年注目を集めている「エアパス工法」。自然エネルギーを活用することで、夏でも冬でも過ごしやすい住まいを実現することができます。では、一体どうやって自然エネルギーだけで快適な住環境を作り出しているのでしょうか?その仕組みを解説します。

夏と冬で衣替え!換気口の開け閉めで空気を循環

簡単にいえば、「夏と冬で衣替えができる住宅」といったところでしょうか。その仕組みのヒミツは、壁の中にあります。エアパス工法を採用している住宅は、壁の中が2つの空気の層になっています。断熱材を挟んだ2つの空気の層が、エアパスダンパー、空気取入口といった穴で繋がっているのです。この2つの穴を通じて空気が循環することで、夏は涼しく、冬は暖かい住環境を実現することができます。空気は、暖められると上昇します。夏の熱気で暖まった空気が床下から屋根へ向かって抜ける道を作ってあげることで、熱気や湿気も外へ飛び出していくのです。

エアパス工法の仕組み画像
画像引用元:エアパスグループ「エアパスの家」(http://www.airpass.jp/airpass/mechanism01.html)

換気口の開け閉めを家族のイベントに

夏モードと冬モードを切り替えるためには、床下にある換気口の開け閉めをしなくてはなりません。これは毎回、家の持ち主が手動で行うこと。少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、換気口を開け閉めする年2回、我が家の様子を確認するイベントとしてとらえてみてはいかがでしょうか。季節の変わり目を感じる、ある種の儀式的な存在であると解釈すれば、楽しみな作業に変わることに違いありません。

住宅にとっても健康的な工法

エアパス工法は、人間だけでなく住まいの健康を保つうえでも効果的な工法といわれています。家族の憩いの場として重要な住まいの大敵は湿気です。湿気は浴室や台所といった水気が多い場所はもちろん、床下や天井、中心となる柱などにも発生します。こうした湿気を放っておくと、結露という状態がおき、カビやダニ、シロアリなどが繁殖する絶好な環境を与えてしまうのです。

エアパス工法は、家全体に空気を循環させる状態を作り出すので、湿気なども起きにくくなり、家の健康を快適に保つことができます。さらにエアパス工法と合わせて、床下を地面から上がってくる湿気を防ぐことができる「ベタ基礎」にすることで、より効果的な防湿効果を得ることが可能です。

機械設備を設置しないことでさらに快適な生活を

近年では、このエアパス工法に対する関心が集まっており、全国でもさまざまな工務店やハウスメーカーが採用しています。そんななか、群馬県で唯一エアパス工法の家を手掛けてくれる工務店「四季の住まい」では、さらに快適に家族に使ってほしいという思いから、あえて一切の機械設備を設置しないというやり方をとっています。

機械設備を導入すると、設備のためのコスト問題を抱えることになります。そのほかにも、日常であまり目にすることのない住まいの構造内に、さらに複雑な機械を設置することになるので、何か問題があった場合の対応リスクも増加してしまうことになるのです。

こうした問題の改善のために「四季の住まい」では、あえてエアパス工法のための機械設備を置かずに、温度差だけで家中に空気が循環するために、細かい胴縁を設けたり、構造自体をシンプルなものにしたりといった工夫を行っています。さらに詳しく「四季の住まい」のエアパス工法について知りたい方は公式HPなどでチェックしてみてください。

群馬の工務店「四季の住まい」について

群馬で唯一、エアパス工法を採用している「四季の住まい」。しかし、魅力はそれだけではありません。使用する材料はすべて自然素材。とくに群馬県産の材木を積極的に使用しています。小さなお子様にも安全な無垢材をのみを使用しているので、群馬県在住のご家族のことを考えた工務店だといえるでしょう。
四季の住まい_キャプチャ画像

四季の住まいの公式HPを見に行く

TOPへ戻る