HOME » いま注目されている自然素材の住宅とは » 一般的に使用されている自然素材とは

一般的に使用されている自然素材とは

自然素材住宅で使われている建材からは、自然のもつぬくもりや質感など実感できるとともに、シックハウス症候群やアレルギー症状などから家族の健康を守ってもらえるという恩恵をうけることができます。ここでは、それぞれの素材がもつメリットをくわしく解説していきましょう。

無垢材(むくざい)

自然に生えた天然の木材を無垢材と呼んでいます。木材は、熱伝導率がとても低く、床や壁などに使用することで外部からの熱や寒さを屋内に通しにくくするというメリットを得ることができます。また木材は、根から水分や養分などを吸い上げるために無数の導管や細胞を有しており、湿気を吸収して家の外に放出するという、湿調機能を持ち合わせているのも大きな特長です。

珪藻土(けいそうど)

藻類の一種である珪藻土は、長い時間をかけて海底などに蓄積した藻が化石となったものです。火にとても強いという特性をもっており、七輪の素材としても用いられ、近年では、おもに壁材として使用されています。珪藻土を顕微鏡などで観察すると、肉眼では見えないほどのナノ単位の孔を確認できます。この孔が湿度を調節したり、耐火効果をもたらしてくれたりするのです。また、揮発性化学物質の発生もないため空気が汚染される心配もなく、清潔な環境で生活を送ることができます。

漆喰(しっくい)

石炭に麻などの繊維をプラスして、さらに海草などから生成した接着剤や水などを使って作り上げた建材のことで、壁材として用いられます。二酸化炭素に反応することで、強度が上がる性質をもっており、経年によってより硬くなるという特長があります。また、全体がアルカリ性であるため殺菌効果も秘めているため、空気中に漂っているにおいの成分や有害物質などを吸着して分解してくれるというすぐれものです。

キヌカ

米ぬかが主原料のキヌカは、自然素材のすぐれた塗料として昔から使われてきました。わたしたちが普段口にしているお米から作られているので、肌にもやさしく、木材にもとてもなじみやすいといわれています。特に無垢材との相性がよく、木材のもつ風味や色合いをやさしく際立たせてくれます。

ニカワ

動物の皮や骨を構成する主成分のひとつであるコラーゲンが原料で、ゼラチンともよばれています。熱することで溶けて冷やすと固形化するという性質をもっていることから、天然の接着剤として広く知られています。さらに水分の割合によって固さを調節することもでき、人体や自然環境にもやさしい特長をもっています。

必見!エアコン不要なエアパス工法って何?
エコで安全な生活を送ることができる今注目の工法

TOPへ戻る