HOME » いま注目されている自然素材の住宅とは » 一般的に使用されている自然素材とは

一般的に使用されている自然素材とは

自然素材の種類

自然素材住宅で使われている建材からは、自然のもつぬくもりや質感など実感できるとともに、シックハウス症候群やアレルギー症状などから家族の健康を守ってもらえるという恩恵をうけることができます。ここでは、群馬県で注文住宅を建てる場合に、それぞれの素材がもつメリットをくわしく解説していきましょう。

無垢材(むくざい)

自然に生えた天然の木材を無垢材と呼んでいます。木材は、熱伝導率がとても低く、床や壁などに使用することで外部からの熱や寒さを屋内に通しにくくするというメリットを得ることができます。また木材は、根から水分や養分などを吸い上げるために無数の導管や細胞を有しており、湿気を吸収して家の外に放出するという、湿調機能を持ち合わせているのも大きな特長です。

また、フローリングなどに無垢材を用いることで、ホルムアルデヒドの放散を抑制することができます。

無垢材の種類

パイン(松)

自然素材の種類の中で、普遍の人気があるパイン材ですが、独特な節模様や経年変化による深みが増す素材で、他の無垢材と比べるとお値段もお手頃です。

柔らかな素材で、小さなお子さんからお年寄りの部屋まで安心して仕様できる素材になっています

スギ(杉)

和風なデザインにはとてもよく合う自然素材であるスギは、日本家屋でよく使われている「ほかにも、デザインの幅が広い素材なので、最近では湯質に仕様することも多い素材です。

独自の香りが特徴の、肌触りの良い天然素材です。

ヒノキ(桧)

日本を代表する自然素材のヒノキは、認知度が最も高い無垢材と言って良いでしょう。

国産のヒノキであれば高級材ですが人気があり、独自の芳香を愛する人は多く、浴槽などにも使われていることで有名です。強度や耐久性にも優れた種類の無垢材で、木造建築の注文住宅ならば欠かせない素材です。

節の有無によって価格が大きく違います。

チェスナット(栗)

強固で硬い自然素材の栗は、はっきりとした木目のデザインで、する区から日本家屋の土台や線路の枕木などに仕様されている無垢材です。

耐湿性にすぐれているので、水回りに仕様されることが多いですが、床材としても人気が高い素材です。

バーチ(樺)

パイン材よりは硬質なバーチですが、白樺や樺桜と同じ属性の自然素材です。

木肌が緻密で硬い素材ですが、ナチュラルな感じのお部屋にしたい場合には、パイン材とは違った風合いを出してくれますので、バーチを選ばれる方も多くいます。

オーク

オークにはホワイトオークやレッドオークなどの種類があり、ブナ科コナラ属 の総称をオークと呼びます。

日本では楢と樫と呼び分けたり、産地によっても色や風合いが変わるなどの特色を持った、フRオーリングの定番とされる自然素材です。

メープル(楓)

弾力性がありますが硬質で、衝撃にも強い自然素材です。

白から薄赤茶色の木肌は繊細な木目で、高級家具材としても仕様される種類の無垢材です。

チーク

伸縮や反りが少なく強くて強靭なチークは、腐食にも強く、床暖房にも対応するフローリングには定番の自然素材です。

色味が濃いので、落ち着いた雰囲気のお部屋にしたい場合には最適の無垢材です。

珪藻土(けいそうど)

藻類の一種である珪藻土は、長い時間をかけて海底などに蓄積した藻が化石となったものです。

火にとても強いという特性をもっており、七輪の素材としても用いられ、近年では、おもに壁材として使用されています。

珪藻土を顕微鏡などで観察すると、肉眼では見えないほどのナノ単位の孔を確認できます。この孔が湿度を調節したり、耐火効果をもたらしてくれたりするのです。

また、揮発性化学物質の発生もないため空気が汚染される心配もなく、清潔な環境で生活を送ることができます。

珪藻土を用いた壁ならば、化学物質の放散がほとんどありませんので、群馬で注文住宅を建てる際に適した建材と言えるでしょう。

漆喰(しっくい)

石炭に麻などの繊維をプラスして、さらに海草などから生成した接着剤や水などを使って作り上げた建材のことで、壁材として用いられます。

二酸化炭素に反応することで、強度が上がる性質をもっており、経年によってより硬くなるという特長があります。

また、全体がアルカリ性であるため殺菌効果も秘めているため、空気中に漂っているにおいの成分や有害物質などを吸着して分解してくれるというすぐれものです。

群馬で注文住宅を建てる場合に、壁を漆喰塗りにすることで、シックハウス症候群を引き起こす化学物質を抑制できる効果があります。

キヌカ

米ぬかが主原料のキヌカは、自然素材のすぐれた塗料として昔から使われてきました。わたしたちが普段口にしているお米から作られているので、肌にもやさしく、木材にもとてもなじみやすいといわれています。

特に無垢材との相性がよく、木材のもつ風味や色合いをやさしく際立たせてくれます。

自然素材全般に言えることですが、100%安全ということではなく、自然素材であってもアレルギーを引き起こす可能性はありますので、群馬で注文住宅を立てる際には、改正建築基準法で示される「F☆☆☆☆」の星の数が多い素材を選ぶようにしてください。

ニカワ

動物の皮や骨を構成する主成分のひとつであるコラーゲンが原料で、ゼラチンともよばれています。

熱することで溶けて冷やすと固形化するという性質をもっていることから、天然の接着剤として広く知られています。

さらに水分の割合によって固さを調節することもでき、100%自然素材のニカワであれば人体や自然環境にもやさしい特長をもっていて、百年ほど前の建築物に用いられるほどですので注文住宅を群馬で建てる場合には、うってつけの建材ではないでしょうか。

セルロースファイバー

天然の木質繊維のことで、様々な太さの繊維が絡み合い空気の層をつくり出します。

繊維1本1本の中にも小さな空気砲が自然にできているので、高い断熱性能や防音性能を持つ自然素材です。吸放湿性を持つ木質繊維なので、適度な湿度を保つ効果に優れ断熱材として用いられます。

セルロースファイバーは、国土交通省が定めた規制対象であるホルムアルデヒド発散建材規制の対象ではありませんので、群馬で注文住宅を立てる際には、安心して使用できる建材と言えるでしょう。

ケナボード

麻の一種であるケナフという繊維が原料で、マット状に形成した構造用面材として用いられます。

環境に優しい自然素材で、注文住宅構造用合板の10倍にも及ぶ浸湿性があるので、湿気を排出しカビやダニの原因となる結露も防ぎますので、シックハウス症候群を防ぎたい注文住宅には欠かせない建材です。

改正建築基準法で示されるFスターの星の数も星4つをクリアーしているので、群馬で注文住宅を建てる際には必要不可欠な建材ではないでしょうか。

薩摩中霧島壁

薩摩中霧島壁に用いられているシラスは、マグマが岩石になる前に粉末となった、100%自然素材の化学物質が入っていない壁材の種類です。

マグマの超高温で生成されているので高純度無機質セラミック物質と呼ばれ、マグマセラミックと呼ぶこともあります。

結晶とは違い、原子や分子などが乱れた配列をしている非晶質のシラスは、消臭や殺菌のほかにイオン化などの機能を発揮すると考えられています。

タバコやペットの匂いなどを、かなり効果的に消臭する建材ですので、群馬で注文住宅を建てる際には、ぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

必見!エアコン不要なエアパス工法って何?
エコで安全な生活を送ることができる今注目の工法

TOPへ戻る