HOME » いま注目されている自然素材の住宅とは » 生活環境がカラダに与える影響

生活環境がカラダに与える影響

住宅を建てるさいに気をつけておきたいシックハウス症候群。こちらのページでは、このシックハウス症候群対策に役立ち、快適な生活を送ることができる自然素材の建材についてくわしく解説しています。

シックハウス症候群対策に最適な自然素材住宅

木材

まずシックハウス症候群についての基本的な情報を解説していきましょう。

シックハウス症候群とは、「問題のある住まいで見られる健康障害の総称」で、新築の家では、家具や建材などに含まれている化学物質(合板で使用する接着剤、塗料、防腐剤として使用するホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、トルエン、キシレンなど)が原因で発生する有毒ガスで引き起こされる、健康障害のことです。

これらの化学物質は、その多くが揮発性の高い物質であり、春や夏などの気温が高くなる季節にガスを発生させ、発散量も大幅に増加します。

つまり、化学物質などを使用した建材や家具などを使っていると、季節によっては室内がちょっとした化学物質の製造工場になり、その中で生活しているのと同じ状況になってしまうといえば、わかりやすいでしょうか。

近年では、各住宅の部屋の気密性が高くなった影響で、十分な換気を行わないことから、さらに有害物質が部屋に留まりやすくなったともいわれています。

さらに湿度が高くなると、カビやダニ、そして細菌類なども発生しやすくなるなど、二次的な影響も考えられます。

シックハウス症候群になると、人によってその症状はさまざまですが、おもに「目がシバシバして涙が出てしまう」「原因不明の頭痛に悩まされる」「のどの痛みがでる」「吐き気や息切れをしやすくなり、くしゃみや鼻水などが止まらなくなる」「湿疹が出てくる」といった症状を発症します。

シックハウス症候群の対策方法

まず、化学物質の建材を使用しないことが挙げられます。壁や柱などに無垢材や珪藻土、漆喰などの自然素材のものを使用するだけでも、化学物質などの有害物質を大幅に排除することができるのです。

例えば、無垢材は調湿作用を備えた建材で、壁や床などに使用するだけで結露を防いでカビの発生を抑制してくれます。

また珪藻土は、内装材に使用されることが多い建材のひとつで、吸着したホルムアルデヒドを取り込み分解、その後に部屋の外に放出してくれる性質をもっているのです。

こうした自然素材の建材を使用することで、とくに小さいお子さんがいる家庭は、化学物質によって引き起こされる原因を取り除くことができ、健康で安心できる生活を送ることができます。

せっかく手間暇かけて作り上げる住まい。ぜひとも健康に快適に保つ自然素材の家を家族にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

必見!エアコン不要なエアパス工法って何?
エコで安全な生活を送ることができる今注目の工法

個人でできるシックハウス対策は?

換気

室内の化学物質を外に追い出すため、できる限り換気と通風に努めてください。

特に新築時やリフォームをした直後は室内に化学物質が多く滞留しているので、長めに換気を行ってください。

また、夏の間は化学物質の揮発が盛んになります。

窓を締め切ってしまうとシックハウス症候群の症状が激しくなる可能性が高いので、複数の窓を開けたり換気扇をつけたりしましょう。

発生源を減らす

シックハウスの原因は家だけではありません。以下のようなものが発生源となる可能性があります。

  • 新しい家具
  • じゅうたん
  • カーテン
  • 防虫剤
  • 芳香剤や消臭剤
  • 洗剤
  • タバコ
  • フローリングに塗るワックス

これらに含まれる揮発成分でシックハウスが悪化することあるので、できるだけ屋内に置かないか、置く場合でも数を少なくしてください。

こまめな清掃を行う

化学物質だけでなく、カビやダニなどもシックハウスの原因です。

カビの生えやすい浴室、洗面所、収納家具の中などはしっかり掃除しましょう。

ベッドや布団やカーペットはダニの繁殖場所なので、掃除機を使って清掃を行い、できる限り外に干して紫外線と太陽熱で消毒しましょう。

身につけるものにも注意する

化粧品や香水、整髪料から揮発する成分にも化学物質が含まれています。

これらがシックハウスの原因になることもあるので、できれば使用を避けましょう。

やむを得ず使用する場合でも、シックハウスの原因となる物質を含まない商品を選んでください。

暖房器具の選択に注意

室内に排気するタイプの暖房器具は避けた方が無難です。

具体的にはファンヒーターがこれにあたります。

建物の外に排気するFF式ストーブなどを使った方が室内の空気がある程度清浄に保たれるので、シックハウスの症状を軽くできます。

換気器具をメンテナンスを行う

換気扇や換気フィルターにホコリがたまると換気性能が落ちてしまいます。

定期的にメンテナンスを行って換気性能を維持してください。

熱交換器を使う

熱交換器は、冬場に暖かい部屋から排出される空気が持っている熱を外から入ってくる冷たい空気に移動させる機能があります。

一般的な換気システムよりも金銭的にコストがかかりますが、寒冷地では特に効果が高いので導入を検討する価値があるでしょう。

シックハウス対策がされた家具を使う

お金がかかりますが、シックハウス対策済みの家具が市販されています。

そういった家具を使うことで症状を緩和できるので、できれば購入してください。

シックハウス対策がされた家具をオーダーメイドできるサービスもあるので、可能であれば利用してみるといいでしょう。

ベイクアウトを行う

ベイクアウトとは、敢えて室内の温度を上げて有害物質の揮発を促してから換気を行い、シックハウスの原因物質を外に追い出す方法です。

室温を30~35℃程度まで上げるのがポイントです。

この時、家具の引き出しやクローゼットのドアも開いておきます。家具内の有害物質を効率的に揮発させるためです。

加湿をしないと家具などが乾燥で反ったり割れたりする可能性があるので、加湿器を点けながら行ってください。

新築住宅に引っ越す前などに行っておくと良いでしょう。

工務店でしてもらえるシックハウス対策は?

自然素材

自然素材を使ってもらう

注文住宅を依頼する際に、可能な限りシックハウス症候群の原因物質を使わない工法をしてもらいます。

無垢材などの自然素材を多く使い、接着剤は自然素材由来のものを用意してもらうといいでしょう。

壁には漆喰を使い、床材はニカワで貼ってもらうなどの施工に対応した工務店もあります。

シックハウス症候群の原因物質自体を減らせば、シックハウス対策として大きな効果が期待できます。

換気のしやすい設計をしてもらう

シックハウス症候群対策で重要なのは換気です。

換気の際に空気の通り道を確保するような設計をしてもらいましょう。

個人できる対策と工務店による対策の比較

個人で行うシックハウス対策はどうしても事後的な対応に留まり、手間を時間を要します。

単に換気や掃除をするだけであればコストがかかりませんが、シックハウス対策をした家具を揃えるなどをすると一定額の出費を覚悟する必要が出てきます。

また、効果が出るまではシックハウス症候群に悩むことになります。

一方、工務店にシックハウス対策を依頼すると金銭的な負担は大きくなります。

しかしながら有害物質を根本的に減らすような対策を取ってくれるため、手間をかけずにシックハウスの症状が大きく緩和されます。

できるだけ工務店側に対応をお願いして、それでもシックハウスの症状が現れるようであれば換気や掃除に気をつけるといった併用スタイルを行っていくのも一案です。

TOPへ戻る