HOME » いま注目されている自然素材の住宅とは » 生活環境がカラダに与える影響

生活環境がカラダに与える影響

住宅を建てるさいに気をつけておきたいシックハウス症候群。こちらのページでは、このシックハウス症候群対策に役立ち、快適な生活を送ることができる自然素材の建材についてくわしく解説しています。

シックハウス症候群対策に最適な自然素材住宅

まずシックハウス症候群についての基本的な情報を解説していきましょう。シックハウス症候群とは、「問題のある住まいで見られる健康障害の総称」で、新築の家では、家具や建材などに含まれている化学物質(合板で使用する接着剤、塗料、防腐剤として使用するホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、トルエン、キシレンなど)が原因で発生する有毒ガスで引き起こされる、健康障害のことです。

これらの化学物質は、その多くが揮発性の高い物質であり、春や夏などの気温が高くなる季節にガスを発生させ、発散量も大幅に増加します。つまり、化学物質などを使用した建材や家具などを使っていると、季節によっては室内がちょっとした化学物質の製造工場になり、その中で生活しているのと同じ状況になってしまうといえば、わかりやすいでしょうか。

近年では、各住宅の部屋の気密性が高くなった影響で、十分な換気を行わないことから、さらに有害物質が部屋に留まりやすくなったともいわれています。さらに湿度が高くなると、カビやダニ、そして細菌類なども発生しやすくなるなど、二次的な影響も考えられます。 シックハウス症候群になると、人によってその症状はさまざまですが、おもに「目がシバシバして涙が出てしまう」「原因不明の頭痛に悩まされる」「のどの痛みがでる」「吐き気や息切れをしやすくなり、くしゃみや鼻水などが止まらなくなる」「湿疹が出てくる」といった症状を発症します。

シックハウス症候群の対策方法

まず、化学物質の建材を使用しないことが挙げられます。壁や柱などに無垢材や珪藻土、漆喰などの自然素材のものを使用するだけでも、化学物質などの有害物質を大幅に排除することができるのです。例えば、無垢材は調湿作用を備えた建材で、壁や床などに使用するだけで結露を防いでカビの発生を抑制してくれます。

また珪藻土は、内装材に使用されることが多い建材のひとつで、吸着したホルムアルデヒドを取り込み分解、その後に部屋の外に放出してくれる性質をもっているのです。こうした自然素材の建材を使用することで、とくに小さいお子さんがいる家庭は、化学物質によって引き起こされる原因を取り除くことができ、健康で安心できる生活を送ることができます。 せっかく手間暇かけて作り上げる住まい。ぜひとも健康に快適に保つ自然素材の家を家族にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

必見!エアコン不要なエアパス工法って何?
エコで安全な生活を送ることができる今注目の工法

TOPへ戻る