投稿日:

平屋の家

群馬で平屋の注文住宅を手がけている会社・メーカー

ジャスティハウス

ジャスティハウス公式HPキャプチャ画像

引用元:ジャスティハウス公式(https://www.justyhouse.jp/)

ジャスティハウス会社の平屋づくりの特徴

ライフスタイルに合わせて8タイプから選べる

ジャスティハウスが手掛ける平屋は、ゆとりがありつつ機能的な住宅です。気になる間取りは、24坪タイプで8プラン用意されています。リビングと廊下が一続きになっているタイプも、家族のライフスタイルに合わせて、オプションで間仕切りが可能です。

選択式にすることでローコストを実現

ローコスト住宅を得意とするジャスティハウスでは、予算や好みに合わせて平屋タイプを選び、4つのスタイルや3つのカラーから自分好みに組み合わせて理想の住まいをオーダーできます。完成後の引き渡しから6ヶ月後、1年後などの定期点検や、シロアリ保証などのアフターサポートもしっかり対応してくれます。

標準仕様で満足の設備スペック

ジャスティハウスの住宅は、平屋の住宅を建てる際にも、高品質の設備が標準仕様で付いてきます。毎日使うキッチンやユニットバスなどの設備は、機能性はもちろんデザイン性も高く、住んだその日から快適に使えます。キッチンのワークトップには、人工大理石が使われており、高級感たっぷり。浄水器一体型で、いつでも蛇口からおいしい水が飲めるので、小さい子供がいる家庭も助かります。他にも掃除が楽チンなお風呂の床、キッズミラーがついた洗面化粧台など、使う人のことを考えた仕様になっています。

ジャスティハウス平屋の施工事例

公式ページでは、平屋の施工事例は掲載されていませんでしたが、ジャスティハウスでは24坪、建物価格970万円の平屋住宅のプランも手掛けています。

ここでは、公開されている平屋の設計図を一部まとめました。

ジャスティハウス平屋の設計図1

引用元:ジャスティハウス公式HP(https://www.justyhouse.jp/plan.html)

ジャスティハウス平屋の設計図2

引用元:ジャスティハウス公式HP(https://www.justyhouse.jp/plan.html)

ジャスティハウス平屋の設計図3

引用元:ジャスティハウス公式HP(https://www.justyhouse.jp/plan.html)

ジャスティハウス平屋の設計図1
ジャスティハウス平屋の設計図2
ジャスティハウス平屋の設計図3

翼創建

翼創建公式HPキャプチャ画像

引用元:翼創建公式(https://www.tsubasasouken.co.jp/)

翼創建会社の平屋づくりの特徴

明るい家づくりに最適な形

翼創建の平屋は、L字型やコの字型、口の字型など、個性的なタイプが用意されています。デザイン性の高い美しい外観のL字型タイプの平屋は、変形した敷地や狭小地にも対応可能。コの字型と口の字型は、プライベートな庭が欲しい人にぴったり。いずれのタイプも、採光が取りやすいのが特徴です。

自分スタイルを大切にした理想の家づくり

翼創建では、平屋タイプ以外にも、お客さんの要望に合わせた家づくりに対応してくれます。例えば、シンプルさを追求したワンルーム型の平屋や、フルオーダーのアイランドキッチン、趣味を充実させるための家など、施主の要望によってさまざま。住む人のライフプランに合わせた家づくりを提案してくれます。

翼創建の平屋施工事例

翼創建の平屋(主婦目線の平屋)

引用元:翼創建公式(https://www.tsubasasouken.co.jp/gallery/主婦目線の平屋【足利市】/)

細かい仕切りを作らず、住みやすさを重視したL字型の平屋住宅。床材は栗の木を使用し、壁は白で統一しています。アイランドキッチンや家事動線など、主婦である奥さんへの配慮が感じられる間取りです。使いやすく、落ち着いた大人の空間に仕上げられています。

翼創建の平屋(プライバシーを気にせず豊かに暮らす平屋)

引用元:翼創建公式(https://www.tsubasasouken.co.jp/gallery/プライバシーを気にせず豊かに暮らす平屋【伊勢/)

吹き抜けの開放的なLDKを中心に、各部屋を配置したコの字型の平屋。採光や風通りを追求し、のびのびと暮らしやすい空間が追求されています。バーカウンターやコの字型のキッチンなど、家主のこだわりが随所に感じられます。

翼創建の平屋(プライベートな中庭のある平屋の家)

引用元:翼創建公式(https://www.tsubasasouken.co.jp/gallery/プライベートな中庭のある平屋の家【伊勢崎市】/)

中庭を囲って各部屋が口の字型に配置された平屋の住宅。口の字に全面を閉じることで、中央には完全なプライベート空間が出来上がります。小さい子供が中庭で遊んでいる様子も、家事をしながら見られるので安心できます。全体的に余計なものがなくスッキリまとまっていて、ゆったりとくつろげそうな空間です。

長建産業

長建産業公式HPキャプチャ画像

引用元:長建産業公式(https://www.choken.jp/)

長建産業会社の平屋づくりの特徴

平屋だからこその自由の利く家づくり

長建産業では、家族団欒が楽しめる大空間や、バリアフリー対応など、家族の希望に合わせた自由な平屋の家づくりが可能です。広々としたリビングや、収納スペースの確保など、さまざまな要望に応えられる柔軟性のある会社です。

通年快適で暮らしやすい家

長建産業の平屋には、火災に強いグラスウールの断熱材を採用しています。オプションで断熱性能を装備することで、夏は涼しく、冬は暖かく、一年中、家のどこにいても快適な温度が保てる空間に。さらに、屋根に太陽光パネルを設置することで、省エネにもつながります。

ワンフロアに暮らしやすいアイデアが詰まっている

平屋の場合は、洗濯物を干したり取り込んだり、掃除機を持って階段を上り下りする必要もありません。長建産業の平屋づくりには、平屋ならではの便利さと、家事動線をよりフラットにするアイデアが詰め込まれています。

長建産業の平屋施工事例

長建産業の平屋01

引用元:長建産業公式(https://www.choken.jp/case/view/439)

落ち着いた印象の外観が素敵な平屋の住宅です。大きな窓から陽の光が差し込み、明るいリビング。キッチン部分が吹き抜けになっていて、むき出しの木材がアクセントになっています。リビングに設置された小上がりの下は、収納スペースとして有効活用しています。

長建産業の平屋02

引用元:長建産業公式(https://www.choken.jp/case/view/292)

太陽光パネルを取り付けた、外観がかわいらしい省エネの平屋住宅。リビングにはロフトがあり、ロフトに上がるとキッチンとリビングが見下ろせるデザインになっています。階段横のデザインウォールやむき出しの梁、ロフトの手すりなど、木の温もりが感じられる住宅です。

シンクホーム

シンクホーム公式HPキャプチャ画像

引用元:シンクホーム公式(https://www.choken.jp/)

シンクホーム会社の平屋づくりの特徴

選べる平屋タイプで自分らしい家づくり

シンクホームの平屋住宅には、「casa basso」や「casa cago」、「casa piatto」「casa amare」などのプランがあります。「casa basso」は、家と外とのつながりを楽しむことをコンセプトに設計。「casa amare」は切妻屋根で、平屋でありながらロフトのある住宅です。家族のライフスタイルに合わせて平屋タイプを選ぶことで、自分たちだけの理想の家づくりができます。

自然素材で叶えるフリースタイルの注文住宅

シンクホームではお客様目線での家づくりを基本として、自然素材を使ったデザイン性の高い平屋住宅を提案してくれます。自然素材としては、人に優しい羊毛断熱材を使用。群馬県産の木材をふんだんに使用した、空気が美味しく健康的な住宅です。自然素材の住宅「ウールな木の家」は、3つのタイプから選べます。

シンクホーム平屋の施工事例

シンクホームの平屋01

引用元:シンクホーム公式(https://www.ecoshinku.com/works/2244.php)

「casa piatto」で建てられた平屋の住宅。軒が長めなのが特徴的です。シックでシンプルな印象の外観。軒が長い分、大きな窓が取り付けられており、和室からリビングへと陽の光が差し込み、十分な明るさが得られています。

シンクホームの平屋02

引用元:シンクホーム公式(https://www.ecoshinku.com/works/2268.php)

木材がふんだんに使われている平屋の家です。切妻屋根の傾斜を生かした、開放的なリビング。寝室とつなぐ廊下脇に階段が設置されており、そこを上るとロフトがついているので、収納スペースにも困りません。

シンクホームの平屋03

引用元:シンクホーム公式(https://www.ecoshinku.com/works/363.php)

太陽光パネルを取り付けた、ゼロエネルギーの平屋住宅です。吹き抜けで開放的なリビングは、床をダークブラウンにし、その他の内装を白で統一することで、スタイリッシュな印象に。アクティブな家族のため、玄関には広々としたスペースが設けられています。

廣神建設

廣神建設公式HPキャプチャ画像

引用元:廣神建設公式(https://wabika.com/)

廣神建設会社の平屋づくりの特徴

使うほどに風合いが増す自然素材の住宅

廣神建設は、自然素材を使った和モダンな家づくりを得意としている会社です。自然素材の家は、長く使うほど味わい深くなるもの。住むごとに木の温もりや風合いが楽しめる住宅です。廣神建設では外構のデザインも一緒に設計してくれるので、家の中と外、トータルでおしゃれに仕上げられます。

趣味を楽しむ家づくり

廣神建設の平屋は、リビングを中心に各部屋を配置。家族がリビングに自然に集まり、リラックスできる空間づくりを大切にしています。プライバシーが気になる方には、平屋風の2階建住宅にも対応しています。また、自転車やアウトドアなど、「趣味を楽しめるスペースが欲しい」という家族の要望にも相談に乗ってくれます。

廣神建設の平屋施工事例

廣神建設の平屋01

引用元:廣神建設公式(https://wabika.com/gallery_w/オーダーキッチンの映える収納上手な平屋/)

シンプルでありながら、個性的な空間を実現した平屋の住宅です。奥様のこだわりは、オールステンレスのキッチン。作り付けの木の食器棚と絶妙にマッチしています。3箇所に窓が設置されたLDKはとても明るく、収納スペースもたっぷり確保されています。

廣神建設の平屋02

引用元:廣神建設公式(https://wabika.com/gallery_w/中庭が繋ぐ心地よい平屋/)

狭小地でありながら、中庭のある品のある平屋の住宅。約27坪とコンパクトな住宅ですが、リビングを吹き抜けにしたり、キッチンから見えるところに中庭を設置したり、住み心地の良さに工夫が感じられる間取りとなっています。

平屋のメリットデメリット

平屋のメリット

家族とコミュニケーションがとりやすい

平屋はワンフロア内に、台所やリビング、寝室のある住宅です。そのため、家族で顔を合わせる時間も自然と多くなり、コミュニケーションがとりやすいという点がひとつのメリットといえるでしょう。

2階建より安定しやすい構造

地震による災害の多い日本では、家づくりをする上で耐震対策は非常に重要なポイントです。平屋は2階建の住宅と比較すると重量が軽いため、地震の際の揺れも軽減されます。

デッドスペースを有効活用できる

2階建住宅の場合は、1階と2階をつなぐために階段を設置しますが、そのスペースは4畳から5畳分にあたるとされています。平屋は階段を設置する必要がないため、その分のスペースを有効活用できます。

コストが抑えられメンテナンスしやすい

住宅が完成したら家づくりは終わりですが、その後は家を長持ちさせるために、定期的なメンテナンスを行う必要があります。自分でできるメンテナンスの基本は、こまめな掃除です。平屋の家は2階建住宅に比べ、掃除も楽にできます。

老後も安心して過ごせる

平屋の家には2階がないので、段差や階段での転倒を心配する必要がありません。年を重ねてからの転倒は、大怪我のもと。階段のない平屋の家は、老後はバリアフリーの住まいに変わります。平屋は、終の住処として老後も快適に過ごせる家だといえるでしょう。

平屋のデメリット

坪単価が高くなる傾向にある

平屋の場合は2階建の家と比較すると、基礎部分の面積が広くなります。そのため、基礎工事にかかる費用がかさみ、坪単価が高くなってしまいます。屋根についても同様に、平屋の方が屋根も大きくなるため、費用は高くなります。

部屋数がある程度決まってしまう

2階建の場合は、部屋数も多く取れますが、平屋の場合は1階部分しかスペースがないため、部屋数を多く取りたければ、それだけ広い敷地が必要になります。つまり、土地が高い地域で広々とした平屋を作るには、かなり費用がかさみます。

プライベートな空間を確保しにくい

平屋のメリットに、「家族とのコミュニケーションがとりやすい」と述べましたが、それが逆に、お互いのプライバシーを確保しにくいという、デメリットに。ロフトやパーテーションなどを活用して、プライベート空間を確保できるようにすると良いでしょう。

日当たりの悪い部分が生じやすい

コンパクトな平屋なら良いですが、面積が広くなるほど、日当たりの悪い部屋が生じやすくなります。その場合は、中庭や天窓からの採光が便利ですが、その分、施工費が高くなります。

防犯面で不安がある

平屋はプライバシーや防犯面から見ると、注意が必要です。なぜなら、1階のみが居住空間になるので、家主の在宅かそうでないのかが、外から分かってしまうことも。また、家が道路や人通りの多い場所にある場合には、掃き出し窓の配置や、窓の位置を工夫しなければ、通りがかりの人と目が合ってしまうことも。

そのため、防犯対策として、二重ガラスにしたり、防犯フィルムを貼ったり、センサーライトを取り付けるなどが必要です。